このページの本文へ移動
デジタル技術活用

安全に火を学ぼう!火学®VRとは

安全に火を学ぼう!火学®VR

どこでも・楽しく・安全に学べる体験型教材

火学®VR(Virtual Reality; 仮想現実)は、火を扱う際の安全行動について、場所を選ばずどこでも、ゲームのように楽しく、でも安全に、ガスこんろ※1でオムレツを作りながら学べる体験型教材です1)

※1:家庭に最も普及しているスイッチ&レバー式のガスこんろを使います。

1)丸山他.VRを活用した「火」の学びの教材,日本調理科学会雑誌,2020,53(4),292-294.

学習対象者

学習対象者は、学校で調理実習を行う小学5年生から高校生に設定。
ただし、7歳以上で要件を満たせば※2、どなたでも体験できます。

※2:ロケーションベース協会「VRコンテンツのご利用年齢に関するガイドライン」に従って運用しています。

小学生体験の様子

料理レベルとスコア表示例

特長

  • 家庭科学習指導要領に準拠した構成にしており、換気や火を扱う際の安全行動が約5分/回(ヘッドマウントディスプレイ着脱含む)で学べます。
  • インタラクティブコンテンツとし、音声と表示の指示に従って自分のペースでオムレツを作ることができます。
  • オムレツが出来上がると、料理レベルとスコアが表示されます。繰り返し学習でレベルとスコアをチェックしていくことで、知識とスキルの定着が図れます。
  • 不安全行動(引火など)はゲームオーバーの形で表現し、安全行動を楽しく学ぶことができます。
  • 実写のアイランドキッチンを背景にしていますので、体験者は実際のキッチンに立っているように感じられます。
  • 授業やイベントなどで利用しやすいようにパッケージ化しています。利用時に映像をミラーリングすることで、視聴者でも体験者と同等の学習効果が得られます。

オムレツ成形時

火学®VRセット外観

安全に火を学ぼう!火学 VR