当社初 カーボンニュートラルな都市ガスの供給について

2021年7月20日

東邦ガス株式会社

 東邦ガス株式会社(社長:増田 信之)は、当社初となるカーボンニュートラルな都市ガスの供給に関して、昭和電線ホールディングス株式会社、大日本住友製薬株式会社、株式会社デンソー、株式会社東海理化、日本ガイシ株式会社、NGKセラミックデバイス株式会社(日本ガイシグループ)の各社と合意しました。2021年8月から順次、供給を開始します。

 カーボンニュートラルな都市ガスは、天然ガスの採掘から燃焼に至るまでの工程で発生するCOをCOクレジット※1により相殺(カーボンオフセット)したカーボンニュートラルLNG※2を活用するものです。今回のカーボンニュートラルな都市ガスへの切り替えにより、6社合計で約20万トン※3のCO削減に貢献します。

 当社は、「東邦ガスグループ 2050年カーボンニュートラルへの挑戦」※4で掲げたとおり、ガス(都市ガス・LPG)・水素・電気の3つのエネルギーを軸に、クリーンなエネルギーシステムの構築を通じて、これからもお客さまとともに、サスティナブルな社会の実現と中部地区のさらなる発展に貢献してまいります。

※1 信頼性の高い検証機関が世界各地の環境保全プロジェクト等におけるCO2削減効果をCO2クレジットとして認証したもの。
※2 カーボンニュートラルLNGの受入に関しては、2021年4月8日のプレスリリース(https://www.tohogas.co.jp/corporate-n/press/1221273_1342.html)をご参照ください。
※3 2021年8月から2026年9月までの合計(当社試算)。
※4 詳細については、2021年7月9日のプレスリリース(https://www.tohogas.co.jp/corporate-n/press/1223073_1342.html)をご参照ください。

以 上

ページの先頭へ

PAGE TOP