AIを用いたガス管劣化予測アルゴリズムの実証実験の完了

2021年2月10日

東邦ガス株式会社
Fracta

 東邦ガス株式会社(以下「東邦ガス」)とFracta(米国カリフォルニア州)は、2019年8月から実施してきたガス管劣化予測アルゴリズムに係る実証実験を完了しました。
 今回の実証実験を通じ、東邦ガスが蓄積してきたガス管路や検査結果のデータおよび維持管理のノウハウと、Fractaが有する地震・人口密度・交通量などの1,000以上の環境データベースとAIの最先端技術を活用し、世界初となるガス管の劣化度合を予測・可視化するアルゴリズムを構築しました。
 また、このアルゴリズムの活用により、経年管の計画的な入れ替え時の投資対効果が、埋設年の古い管から順に更新していく手法と比べ、ガス管の材質等の条件によっては2倍程度となることも確認しました。

 東邦ガスは、このガス管劣化予測アルゴリズムを2021年度以降の保安対策に活用していく予定です。
 さらに、東邦ガスとFractaは、ガス管の劣化を予測する新技術として、国内のガス事業者への展開を目指します。

以 上





  【東邦ガス概要】
会社名 東邦ガス株式会社
設立 1922年6月
所在地 愛知県名古屋市熱田区桜田町19-18
従業員数 2,764人(2020年3月末現在)
社長 冨成 義郎
事業内容 愛知県、岐阜県、三重県における都市ガス事業など
WEBサイト https://www.tohogas.co.jp/

【Fracta概要】
会社名 Fracta(フラクタ)
設立 2015年6月
所在地 米国カリフォルニア州(シリコンバレー)
従業員数 31人(2020年5月末現在)
CEO 加藤 崇
事業内容 AIに基づくインフラ劣化予測のソフトウェア開発
WEBサイト https://www.fracta-jp.com/ (日本語)
https://fracta.ai/ (英語)


ページの先頭へ

PAGE TOP