米国 ガス火力発電事業への出資参画について

2020年3月6日

東邦ガス株式会社

 東邦ガス株式会社(社長:冨成義郎)は、西部ガス株式会社(以下「西部ガス」)、広島ガス株式会社(以下「広島ガス」)と共同で新たに特別目的会社TSH Birdsboro LLCを設立し、双日株式会社(以下「双日」)および九州電力株式会社(以下「九州電力」)が米国子会社を通じて保有する双日バーズボロー社の持分の50%を取得することで合意しました。

 本案件は、双日バーズボロー社の持分取得を通じ、米国ペンシルバニア州バーズボローのガス火力発電事業会社Birdsboro Power LLC※1に出資参画するもので、当社の本発電事業会社に対する実質的な出資比率は5.6%となります。
 なお、当社が海外発電事業に出資参画するのは初めてとなります。

 当社は今後も「東邦ガスグループ中期経営計画」で掲げた「新たな領域への挑戦」に向け、国内外のエネルギー関連事業の拡大やエネルギー事業とシナジーを発揮できる新規事業の開発に取り組んでまいります。

※1 高効率ガスタービンを採用したコンバインドサイクル方式の発電所。2019年5月に運転開始し、米国最大の卸電力市場PJM※2を通じて電力を供給している。
※2 ペンシルバニア州を含む米国北東部13州およびワシントンDCを対象とする電力市場。

以 上

<参考>
1.出資構成



2.バーズボロー火力発電事業の概要

 発電所名  Birdsboro(バーズボロー)発電所
 出力  48.8万kW
 発電方式  ガスタービンコンバインドサイクル方式
 燃料  天然ガス(マーセラス・シェールガス田などから調達)
 売電先等  PJM(米国最大の卸電力市場)
 出資割合  Ares EIF社1/3(33.33%)
 東京ガス株式会社1/3(33.33%)
 双日バーズボロー社 1/3(33.33%)
※米国の投資ファンドAresグループのエネルギー・発電案件等の開発・運営会社



3.発電所の所在地





4.特別目的会社の概要
 名称  TSH Birdsboro LLC(ティーエスエイチ バーズボロー エルエルシー)
 所在地  米国デラウェア州
 事業内容  米国発電事業への出資
 設立年月日  2020年3月4日
 出資割合  東邦ガス1/3(33.33%)
 西部ガス1/3(33.33%)
 広島ガス1/3(33.33%)

ページの先頭へ

PAGE TOP