天然ガス自動車の環境性



CO2排出量が少ない

CO2排出量を1~2割カット

天然ガスは、ガソリン・軽油などの燃料に対して、単位発熱量あたりのCO2排出量が約25%少ない燃料です。

燃料自体のCO2排出量比較

現在、都市内を走行している天然ガス自動車をガソリン車と比較すると1~2割のCO2排出量削減効果があります。

天然ガス自動車とガソリン車のCO2排出量比較

大型トラック(車両総重量12t超クラス)の平成27年度燃費基準適合ディーゼル自動車と比較して、高速走行を主体とした使用方法により、概ね10%以上のCO2排出削減が可能な大型天然ガストラックが販売されています。

天然ガス自動車とディーゼル車のCO2排出量比較

低公害トラックとして卓越した排出ガス性能を発揮

環境にやさしい

天然ガス自動車は光化学スモッグや酸性雨の原因となるNOxの排出量が少なく、喘息の原因となる黒煙をほどんど排出しません。またガソリン車に近い燃焼方式であるため、騒音が少なく静かな自動車です。

天然ガス自動車排出ガス性能<NOx、PM>

PAGE TOP