お知らせ

ハイブリッド空調システム「スマートマルチ」が平成30年度省エネ大賞の「審査委員会特別賞」を受賞

2019年1月30日

東邦ガス株式会社

 東邦ガス株式会社が、東京ガス株式会社、大阪ガス株式会社のガス3社および、パナソニック株式会社、ヤンマーエネルギーシステム株式会社、アイシン精機株式会社、ダイキン工業株式会社のメーカー4社と共同で開発した、ガスヒートポンプ(以下「GHP※1」)と電気ヒートポンプ(以下「EHP※2」)を遠隔制御※3により最適に運転するハイブリッド空調システム「スマートマルチ※4」が、平成30年度省エネ大賞(製品・ビジネスモデル部門)の「審査委員会特別賞」を7社共同で受賞し、1月30日に東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催された表彰式において、平成30年度省エネ大賞審査専門委員会 高村委員長より表彰状を授与されました。

 この表彰は、事業者や事業場等において実施した他者の模範となる優れた省エネ取り組みや、省エネルギー性に優れた製品並びにビジネスモデルを表彰するものです。

 このたびの受賞では、スマートマルチが、GHPとEHPを同一冷媒系統に統合した世界初のハイブリッド空調システムであることや、空調負荷や外気温、電力・ガス料金の変化に応じて、機器効率やランニングコストが最適となる運転比率に遠隔制御することで省エネ・省コストを実現すること等が評価されたものと考えております。

 当社は、今後もエネルギーの有効利用に関する様々な取り組みを展開し、お客さまから信頼され、選択され続ける企業を目指してまいります。

 <表彰式の様子>

表彰状授与 一番右が、当社 鈴木技術研究所長

※1:圧縮機の駆動源にガスを使用したガスエンジン駆動式のエアコン「ガスヒートポンプ(Gas Heat Pump)」の略称。
※2:圧縮機の駆動源に電気を使用した電動機駆動式のエアコン「電気ヒートポンプ(Electric Heat Pump)」の略称。
※3:遠隔監視サーバからの通信指示によってGHPとEHPの運転比率を制御することを指します。
※4:「スマートマルチ」は東京ガス株式会社の登録商標です。

<「スマートマルチ」の製品ラインナップ>

メーカー

アイシン

ダイキン パナソニック ヤンマー
冷房能力 67.4kW
(24馬力)
67.4kW
(24馬力)
84kW
(30馬力)
99kW
(35馬力)
113kW
(40馬力)
85kW
(30馬力)
方式※5 室外機
マルチ形
室外機
マルチ形
室外機
マルチ形
室外機
マルチ形
室外機
マルチ形
室外機
一体形
※5:室外機マルチ形はGHP室外機とEHP室外機を同じ冷媒配管に接続しているもの。
   室外機一体形はガスエンジン駆動圧縮機と電動機駆動圧縮機を同じ室外機に搭載しているもの。


<「スマートマルチ」新製品の外観写真
※6
アイシン製品
24馬力・室外機マルチ形
ダイキン製品
24馬力・室外機マルチ形
パナソニック製品
40馬力・室外機マルチ形   
ヤンマー製品
30馬力・室外機一体形 
※6:室外機写真はイメージで、今後変更になる可能性があります。


<「スマートマルチ」の概要>

 「スマートマルチ」は、GHPとEHPを同一冷媒系統に統合して、空調負荷や外気温、あるいは電力・ガス料金の変化に応じて、機器効率やランニングコストが最適となる運転比率に遠隔制御することにより、省エネルギーと省コストを実現することができる世界初の空調システムです。ガス三社はGHPで培った遠隔監視技術をもとに、運転比率を最適に制御するための通信プロトコルを構築してこの通信プロトコルを各メーカー間で共通化したため、ガス三社の遠隔監視サーバによる高度な最適制御を可能にしました。ガス三社の遠隔制御サービス※7を活用してスマートマルチを運転することで、同規模のEHPと比較して、ランニングコストを年間約34%削減します※8



※7:東邦ガス、大阪ガスは「エネフレックススマート」、東京ガスは「エネシンフォ」という名称で遠隔制御サービスを提供しています。
※8:パナソニック製品(30馬力)のスマートマルチを導入した事務所ビルの運転実績に基づく試算です。遠隔制御サービスは「エネシンフォ」を使用しています。

 

以上

ページの先頭へ

PAGE TOP