余剰電力買取サービス(買取プラン)の申込受付を本日から開始

2019年5月29日

東邦ガス株式会社

 東邦ガス株式会社(社長:冨成 義郎)は、再生可能エネルギーの固定価格買取制度※1による10年間の買取期間が満了した住宅用太陽光発電設備を対象として、余剰電力買取サービスを新設し、そのお申込みの受付を、本日5月29日から開始します。

 当社は、対象となる方でしたらどなたでもお申込みが可能な余剰電力の「買取プラン(標準コース)」に加えて、東邦ガスグループのガスと電気の両方をご契約いただいている方には、よりお得な買取価格となる「買取プラン(ガス電気セットコース)」を提供いたします。

 なお、これら「買取プラン」のほか、余剰電力に応じて、グルメ、旅行、暮らしまわりサービス等のラインナップからお好きなギフトをお選びいただける「セレクトプラン※2」も準備ができ次第、ご案内する予定です。

 当社は、地域に根差したエネルギー事業者として、お客さまから買い取らせていただいた太陽光発電の余剰電力を集約し、有効活用を図ることで、低炭素化に向けた再生可能エネルギーの導入拡大に努めてまいります。

〇概要

申込開始日 2019年5月29日(水)
買取開始時期 2019年11月
対象地域 愛知、岐阜、三重およびその周辺地域(一部地域を除く。)
対象者 低圧かつ10kW未満の住宅用太陽光発電設備を保有し、FIT期間が満了する方(お申し込みは、期間満了前の方でも可能です。)
申込方法 5月29日以降、以下の窓口でお申込みいただけます。
・専用WEBサイト(https://www.tohogas.co.jp/taiyoko-kaitori/
・専用ダイヤル(0120-234-538)(申込書を郵送させていただきます。)
※平日9:00~17:00(土日・祝日、12/29-1/4は受付しておりません)
買取プラン 余剰電力を以下の単価※3で東邦ガスが買い取ります。
○ガス電気セットコース※4:9.5円/kWh
○標準コース:9.0円/kWh

※1 国が再生可能エネルギーを一定価格で一定期間買い取る制度(Feed-in Tariff, FIT)で、2009年に開始されました。住宅用太陽光(10kW未満)の買取期間は10年間であり、2019年11月以降順次、買取期間の満了を迎えます。
※2 「セレクトプラン」の詳細は、2019年9月頃ご案内予定です。
「セレクトプラン」の詳細のご案内前に、上記「買取プラン」にお申込みいただいた方は、「セレクトプラン」への変更が可能です。まずは「買取プラン」へのお申込みをお勧めします。
※3 買取単価は、2019年11月から2021年3月までの価格で、消費税等相当額込(10%)です。その後については、エネルギー価格の動向などにより、買取単価が変動することがあります。
※4 東邦ガスのガスおよび電気の両方をご契約いただいた方が適用となります。
なお、東邦液化ガスグループ(東邦液化ガス(株)、(株)東栄、(株)ワセ田ガス)のLPガスをご利用のお客さまも含みます。

以 上

ページの先頭へ

PAGE TOP