このページの本文へ移動
お客さまサポート

地震がおきたとき

1.まずは身の安全を確保しましょう

机やテーブルの下など、安全な場所にふせて身を守りましょう。

まずは身の安全を確保しましょう

2.揺れがおさまったらガスの火を消してください

ガス機器を使用していた場合、ガスの火を消してください。

揺れがおさまったらガスの火を消してください

3.地震のあと、ガスを再び使うとき

地震のあと、ガスを再び使うときは、次のことを確認してください。

[1]ガス機器周囲でガスの臭いがしないか

ガスくさいときは、あわてずに対処方法を行ってください。

ガスくさいとき・警報器が作動したときの対処方法

[2]ガス機器本体に変形・破損等異常がないか

異常を確認した場合は、火災や一酸化炭素(CO)中毒等、事故の恐れがありますので、販売店やご契約中のガス小売事業者様へ点検・修理を依頼してください。

[3]煙突など屋内外の給排気設備の確認をしてください

外れ・凹み・閉塞がないか可能な範囲で目視確認をしてください。

  • 給気口がふさがっていませんか?
  • 排気筒(煙突)の詰まり、はずれ、穴あきはありませんか?
  • 排気筒と壁の間にすき間ができていませんか?

異常を確認した場合は、火災や一酸化炭素(CO)中毒等、事故の恐れがありますので、販売店やご契約中のガス小売事業者様へ点検・修理を依頼してください。

[4]ガス接続具が正しく接続されているか確認してください

接続具に外れがないか目視確認してください。

異常を確認した場合は、火災や一酸化炭素(CO)中毒等、事故の恐れがありますので、販売店やご契約中のガス小売事業者様へ点検・修理を依頼してください。

揺れがおさまったらガスの火を消してください

[5]再びガスを使うときは、[1]から[4]を確認してから、ガス栓・器具栓を開いてご使用ください

ガスメーターの赤いランプが点滅している場合は、ガスが止まっています。復帰手順に従って操作してください。

ガスメーター復帰方法

ガスくさいとき・警報器が作動したときはこちらをご覧ください