経済産業省「令和3年度 再生可能エネルギーアグリゲーション実証事業」に参画

2021年6月9日

東邦ガス株式会社

 東邦ガス株式会社(社長:冨成義郎)は、この度、経済産業省が実施する「令和3年度 再生可能エネルギーアグリゲーション実証事業」(執行団体:一般社団法人環境共創イニシアチブ)に参画します。

 本実証事業では、再生可能エネルギー(以下、再エネ)の主力電源化に向けて、発電量が変動しやすい再エネを束ねて制御する再エネアグリゲーションの技術向上のため、株式会社エナリス(社長:都築実宏)を幹事企業とする計17社のコンソーシアムにより、発電量予測技術の検証や、再エネ発電事業者をグルーピングすることでインバランスを回避する手法の検討、蓄電池等による再エネ発電量制御などの技術検証を実施します(実証期間: 2021年6月8日~2022年2月22日)。
 その中で、当社は、保有する太陽光発電設備の発電量を監視し、その発電量の変動に応じた蓄電池制御技術の検証を担当します。
 当社は今後もイノベーションの推進を図り、お客さまの再エネを活用したアグリゲーションサービスなど、新たなサービスによる付加価値提供に努めてまいります。

■コンソーシアム実施体制図(17社)

以上

ページの先頭へ

PAGE TOP