エネルギーの地産地消と低炭素化を目指す「岡崎さくら電力」の設立について
~愛知県初の自治体出資による地域電力小売会社~

2020年3月9日

東邦ガス株式会社

 東邦ガス株式会社(社長:冨成義郎、以下「東邦ガス」)は、岡崎市、株式会社NTTファシリティーズ(以下「NTTファシリティーズ」)、中部電力株式会社(以下「中部電力」)、および、岡崎信用金庫と、本日、岡崎市におけるエネルギーの地産地消および低炭素化の実現を目的とした地域電力小売会社「株式会社岡崎さくら電力」(以下「岡崎さくら電力」)を共同出資により設立しました。今後、本年7月の事業開始に向けて、準備を進めてまいります。

 岡崎さくら電力は、岡崎市のごみ処理施設「中央クリーンセンター」のバイオマス発電設備等でつくられた電気を岡崎市の公共施設等に供給することで、二酸化炭素排出量の削減およびエネルギーの地産地消の実現による地域経済の活性化に取り組みます。さらに、岡崎さくら電力の事業利益を活用し、再生可能エネルギーの普及拡大に努め、岡崎市が目指す持続可能な社会の構築に貢献してまいります。

 当社は、ガス・電力販売等の業務を通じて得たノウハウや経営資源を活用することで、岡崎さくら電力の事業運営を支援します。本事業は「東邦ガスグループ中期経営計画」で掲げた「新たな領域への挑戦」の一環であり、今後も地域に根差したエネルギー企業として、地域とともに発展することを目指してまいります。

以 上


<新会社の概要>
商号  株式会社岡崎さくら電力(Okazaki Sakura Electric Power Co.,Inc.)
本店所在地  愛知県岡崎市久後崎町字本郷53番地
事業内容  ・小売電気事業、発電事業
 ・上記事業に関わるエンジニアリングおよびコンサルティング など
資本金  1,000万円
代表取締役  永田 和之(東邦ガス 三河支社長)
出資比率  岡崎市51%、NTTファシリティーズ15%、中部電力15%、
 東邦ガス15%、岡崎信用金庫4%
設立年月日  2020年3月9日


別紙 岡崎さくら電力の事業概要[PDF : 857KB]

ページの先頭へ

PAGE TOP