「セントレア水素ステーション」の開所について
~燃料電池バス充填用の補助金制度 初適用~

2019年3月19日

東邦ガス株式会社

 東邦ガス株式会社(社長:冨成 義郎)は、愛知県常滑市のセントレア空港島内で建設を進めてきた「セントレア水素ステーション」(以下、当ステーション)をこのたび開所します。
 当ステーションは、燃料電池バスの充填基準に適合した供給能力を持つ水素ステーションであり、経済産業省および愛知県の水素ステーション建設用補助金における、燃料電池バス充填用の補助金が初めて適用されました。
 当社は来年度からスタートする中期経営計画の中で、グループ経営基盤の強化として、水素社会を見据えた取組みを重点課題として位置付け、燃料電池自動車の普及、水素社会の実現に向けて、水素ステーションの整備、運用や普及啓発活動、技術開発を推進してまいります。

<水素ステーションの概要>
1.目的と概要
 当ステーションは、空港島内を中心とした知多半島周辺での水素利用の促進を目的として建設したものです。当ステーションを核として、燃料電池自動車や燃料電池バスをはじめとする空港島内の水素利用拡大に貢献してまいります。なお、セントレア水素ステーションは、知多半島初の商用水素ステーションとなります。

セントレア水素ステーションの概要 セントレア水素ステーション外観写真
名称 セントレア水素ステーション
所在地 愛知県常滑市セントレア三丁目8番19
敷地面積 約2,000㎡
水素供給方式 オンサイト方式
供給能力 300m3/h(約30kg/h)
充填圧力 70MPa(約700気圧)
その他 燃料電池バス充填にも対応

2.営業情報 セントレア水素ステーション案内図
営業開始 3月20日(水) 11:00~
営業時間・曜日 11:00~18:00(木・金休み)※当面の予定
お支払方法 クレジットカードのみ
3.適用する補助金制度
(1)「燃料電池自動車の普及促進に向けた水素ステーション整備事業費補助金」(経済産業省)
(2)「愛知県水素ステーション整備費補助金」(愛知県) 

【開所式の様子】


【参考】
1.セントレア水素ステーションの変遷
年  月 項  目
 2006年7月~  2005年に運用されていた愛・地球博水素ステーションをセントレアに移設後、旧セントレア水素ステーションの運用開始
 2011年~  経済産業省「地域水素供給インフラ技術・社会実証」に参画し、水素ステーションを用いた実証を継続(2015年10月まで)
 2015年11月~  自社による実証実験を継続(2018年2月まで)
 2018年7月~  旧セントレア水素ステーションの解体工事開始
 2018年9月~  同所で新セントレア水素ステーション建設工事開始
 2019年3月  商用営業の開始

2.当社商用水素ステーション
名 称 水素ステーション 【参考】
水素サプライ
センター
セントレア 日進 とよたエコフルタウン(※) みなとアクルス
場所 常滑市 日進市 豊田市 名古屋市港区 東海市
(技術研究所)
方式 オンサイト方式 オフサイト方式 オンサイト方式 オフサイト方式 水素出荷設備
充填圧力 70MPa 70MPa 70MPa 70MPa 20MPa
特徴 大容量充填
(バス対応)
エコ・ステーション併設 海外パッケージ品採用 エコ・ステーション併設 当社初の
水素出荷設備
運用開始 2019年3月 2015年5月 2016年4月 2016年3月
(※)岩谷産業株式会社さまとの共同運営です。

以 上

ページの先頭へ

PAGE TOP