1. 目的・概要

近年、入浴の目的が多様化してきており、従来からの体を清潔にすることや、温まるといった効果に加えて、ストレスの解消、健康増進、美容効果などの付加価値も期待されるようになってきています。
美・白湯は、癒し・リラックスなどの効果が期待でき、子供からお年寄りまで楽しめる商品として開発を進めてまいりました。
ふろ給湯器に接続した「美・白湯ユニット」において、お湯のなかに空気を溶融させ、マイクロ気泡生成ノズルから、直径60μm 程度(1μm=1/1000mm)の微細な気泡をたくさん含むお湯を噴き出し、美しい白色とします。

「美・白湯」の構成

2. 成果

美白湯の効用
愛知医科大学生理学講座と名古屋大学医学部保健学科と共同研究を実施し、美・白湯のもたらす様々な効用が明らかになりました。

  1. (1)穏やかな温熱効果によるリラクゼーション効果
    美・白湯は、さら湯浴に比べ、マイクロ気泡の混じったお湯のため、お湯につかる瞬間の肌への刺激が小さく、湯あたりが柔らかいため、入浴中は緊張感が和らぎ、リラックス効果が高まります。一方で、美・白湯はさら湯とは異なり気泡とお湯の噴き出しによりお湯が対流しているため、湯当たりが柔らかくても長く浸かることで、体の芯まで温まり、湯冷めしにくくなります。
  2. (2)肌洗浄による体臭除去・防止効果
    マイクロ気泡はマイナスの帯電特性を持っており、プラスに帯電する塵やホコリ混じりの皮脂汚れを吸着し、除去します。そのため、さら湯に比べ美・白湯は、入浴しただけで汚れが落ちます。そのため、毛穴に詰まった加齢臭のもととなるノネナールや足臭のもととなるイソ吉草酸といった臭気をも除去し、入浴3時間後でも除去した効果が持続されます。

PAGE TOP