環境への取り組み

地球温暖化対策や資源循環(3R)など、東邦ガスの環境に対する取り組みについてご紹介します。



エネルギーには供給安定性、環境性、経済性の面で長所と短所があります。エネルギー政策の基本方針を踏まえつつ、非化石エネルギーの最大限の導入、化石エネルギーの高度利用により、エネルギーのベストミックスを確保することが重要です。

供給安定性が高く、また、環境性にも優れた天然ガスを高効率・高度利用することが、現実的かつ効果的な地球温暖化防止対策と考えます。

天然ガスの普及拡大と高効率・高度利用によるお客さま先におけるCO2排出の抑制と事業活動におけるCO2排出の低減に取り組んでいます。

循環型社会の実現に向けて、資源の有効活用と廃棄物の3R(リデュース・リユース・リサイクル)活動に取り組んでいます。

お客さまをはじめ、多くのステークホルダーの皆さまから常に信頼され、支持され続ける企業であるために、さまざまな活動に取り組んでいます。

グループ全体で環境マネジメント体制を整備し、環境経営に取り組んでいます。

ページの先頭へ