ガス機器に関する大切なお知らせ

ガス機器に関する大切なお知らせ

給湯暖房用熱源機(リンナイ株式会社製)をご愛用のお客さまへのお知らせ

2011年2月7日

 平素は都市ガスをご利用いただきまして、誠にありがとうございます。

 東邦ガス株式会社が2003年10月から2007年6月まで自社ブランドで販売したリンナイ株式会社製「給湯暖房用熱源機」の一部機種において、電装基板上の回路部品の故障により、稀に浴槽のお湯の温度が高くなるおそれのあることが判明しました。
 つきましては、同様の事象が発生することを防止するため、リンナイ株式会社と連携して、お客さまへのお知らせと自主点検、修理作業を実施してまいります。
 対象製品をご愛用のお客さまにおかれましては、点検にお伺いするまでの間、入浴の際に浴槽のお湯の温度をお確かめいただくようお願い申し上げます。
 なお、設置先が特定されているお客さまにはダイレクトメールにてご案内させていただきます。
 お客さまにご迷惑をおかけすることをお詫び申し上げるとともに、点検・修理作業の実施にあたり、何卒ご理解、ご協力を賜りますようにお願い申し上げます。 

 

1.対象機器

型 式 点検対象製造年月 備 考
HT-
2803
ARSシリーズ 2005年12月~
2007年6月
型式末尾がAQタイプを除く
BRSシリーズ 2006年9月~
2007年6月
型式末尾がAQ/SQタイプを除く
KRSシリーズ 2003年10月~
2006年10月
型式末尾がAQ/SQタイプを除く
HT-
3503
KRSシリーズ 2003年10月~
2006年12月
型式末尾がAQ/SQタイプを除く
HT-
4203
ARSシリーズ 2003年10月~
2007年6月
型式末尾がAQ/SQ/Cタイプを除く
BRSシリーズ 2006年4月~
2007年6月
型式末尾がAQ/SQタイプを除く
KRSシリーズ 2003年10月~
2006年11月
型式末尾がAQ/SQタイプを除く

※ 「床暖房機能のない同機種の給湯暖房用熱源機」および「エコジョーズタイプの給湯暖房用熱源機」につきましては、電装基板が故障して風呂ポンプが回転し続けても浴槽のお湯の温度上昇は発生せず、安全性には問題ありません。

 

2.お客さまへのお願い

 対象製品をご使用のお客さまは、点検にお伺いするまでの間、入浴の際には浴槽のお湯の温度をお確かめいただくようお願い申し上げます。
 万が一、(1)浴槽の湯温が異常に上昇している、または(2)リモコンに「252」や「032」のエラーコードが表示される、といった異常が確認された場合は入浴を控えていただき、ご連絡いただきますようお願い申し上げます。

 

3.点検ならびに作業内容

 対策部品が整う2011年4月中旬以降、当該機器をご愛用のお客さまに順次連絡のうえ、点検ならびに修理を無償で行わさせていただきます。
 電装基板を確認させていただき、対象の部品が使われている場合は修理を行ないます。

 

4.お問い合わせ窓口

専用フリーダイヤル:0120-005-020(リンナイ給湯暖房機受付センター)
<受付時間>
2月13日まで 9:00~19:00(土・日・祝日を含む)
2月14日以降は9:00~17:00(土・日・祝日を除く)

 

5.対象製品の見分け方

 製品本体の前面部に、型式と製造番号を記載した銘板が貼付されています。銘板に記載されている型式と製造番号をご確認願います。

対象製品の見分け方

ページの先頭へ