機器の上方に窓がある場合、使用中は閉めてください。

機器の上方に窓がある場合、使用中は閉めてください。

屋外で給気と排気を行うタイプのガス機器でも、窓や換気口などの建物開口部から排気が室内に流入し、不快なにおいがしたり気分が悪くなるおそれがありますので、ガス機器使用中は、付近の窓を必ず閉めてください。

繰り返し点火操作はしないでください。

繰り返し点火操作はしないでください。

風呂がまの種火(口火)の着きが悪かったり、シャワーや追いだきの操作をしても、すぐに着火しないときは、繰り返し点火操作を行うと、風呂がまの内部に滞留した未燃ガスに異常着火し、本体カバーが変形したり大きな爆発音がすることがあります。
着火しない場合はつまみを消火(止)の位置に戻し、未燃ガスが排出されるまで、約5分間待ってから再度点火操作をしてください。

日常のチェックポイント01

日常のチェックポイント02

使用における注意

使用における注意

ガス風呂がまが水につかると機器本体内に水が浸入して、炎があふれ、火災や機器損傷の原因となったり、不完全燃焼の原因となります。
また、空だきに注意してください。ガス風呂がまや浴槽を傷めたり、火災の原因となります。

屋内設置のFE式(強制排気式)瞬間湯沸器、ふろがまをお使いの方へ

お湯を出したときにファンは回っていますか。

 [確認1] 排気ファンの作動音が聞こえることをご確認ください。

電源プラグは差し込まれていますか。

 [確認2] 電源が入っていることをご確認ください。

屋内設置のFE式(強制排気式)瞬間湯沸器、ふろがまをお使いの方へ

ページの先頭へ