1. 目的・概要

近年、住宅の空調管理に対するお客さまの意識が向上しており、高気密、高断熱住宅が主流になっています。現状、居室等に取り付ける壁用ガス栓は、プレート等からわずかにすき間風を感じるときがありました。今回、高い気密性を持ち、作業性の容易な高気密住宅向けガス栓用気密カバーを開発しました。

2. 性能

密閉槽に気密カバー付ガス栓を取り付けて、流量を測定したときの通気量はグラフに示した通りであり、通気量から算出したすき間面積は0.005cm2でした。

【参考】次世代省エネルギー基準:2cm2/m2(一番厳しい地域)

試験装置(イメージ図)

試験装置(イメージ図)

試験結果

試験装置

3. 仕様

壁内のガス栓本体、固定金具、フレキ管および電気配線全体をビニール袋状の気密カバーで覆う構造

部品 仕様
気密カバー ハウスバリアシート(商品名)
270 x 350(mm)、厚さ0.1mm
シールパッキン
(取付枠部)
EPDMゴムスポンジ両面のり付き、
厚さ2.0mm
シールパッキン
(電気配線部)
EPDMゴムスポンジ片面のり付き、
厚さ2.0mm
結束バンド 材質66ナイロン、ホース用
ガス栓背面からの写真(壁の内側)

ガス栓背面からの写真(壁の内側)

4. 特長

  • 高い気密性
  • 上下左右どちらからの配管にも対応可能
  • 壁の厚みに応じて対応可能
  • 柔軟性があり、作業性が容易

PAGE TOP