プラスライニング工法

1. プラスライニング工法とは

プラスライニング工法は、低圧供内管のねじ継手鋼管を対象とした腐食漏えい予防/継手漏えい予防を目的として、管内面にライニング膜を形成する更生修理工法です。

2. 概要

管内部にライニング樹脂とピグを入れ、圧縮空気によってピグを通すことでガス管の内部に均一な樹脂の膜を形成させます。ライニングされたガス管内を通ってガスが供給されることになります。

施工イメージ図

施工イメージ図

装置一式

装置一式

3. 施工手順

  1. (1)ライニング剤(主剤・硬化剤)を混合・撹拌する。
  2. (2)混合したライニング剤を管内に注入する。
  3. (3)ピグを入れ、圧送装置からの圧縮空気によりピグを送り、ライニングする。

4. 効果

  1. (1)万が一ガス管に腐食孔が発生した場合、ガス管が折損した場合でも、ライニングした膜で漏えいを抑制することが出来ます。
  2. (2)ウレタン樹脂を用いたことにより、においの低減、作業者の安全を確保しています。
  3. (3)通常の入替え工事に比べて掘削土の発生を抑制することができます。

5. 適用範囲

圧力 低圧
口径 25A、32A、40A、50A
管種 ねじ継手鋼管
延長 最大25mまで(配管状況による)


HOMEヘ戻る