ワイヤーブレード工法

1. ワイヤーブレード工法とは

パイプスプリッター工法に替わり、ワイヤーを用いてガス管の入替えを行う工法です。東邦ガスでは非開削工法の導入を進め、経年白ガス支管の入替え工法としてパイプスプリッター工法を適用してきましたが、重量・長さのあるロッドを作業者が着脱する必要があり、作業負荷の軽減、作業効率の向上が求められていました。そこでこの問題を解決すべく、ロッドでなくワイヤーを用いて入替えを行う、ワイヤーブレード工法を開発しました。

2. 工法の概要

  • (1)既設白ガス支管内にワイヤーを送り込む
  • (2)ワイヤーの先端にブレードヘッドを接続する
  • (3)引き込み装置でワイヤーを引き込み、既設管を切断・拡径しながらポリエチレン管を引き込む

ワイヤー挿入の様子

ワイヤー挿入の様子

引き込みの様子

引き込みの様子

装置一式

装置一式

装置の使用

油圧パワーユニット 可搬式 13馬力、重量136kg
引き込み装置 最大引き力 27tf、重量129kg
鋼製ワイヤー Φ19mm

3. 特長

  • (1)作業負荷の低減
    ワイヤーを用いることにより、ロッドの運搬やロッド着脱作業が不要
  • (2)掘削面積の縮滅
    ロッド式の工法に比べ装置の全長が短く、また立抗底面から既設管までの高さを低くできるため、立抗長さ・深さを縮滅できる
  • (3)施工時間の短縮
    ロッドに比べて軽量で着脱作業も不要なため、既設管への挿入時間を大幅に短縮できる
  • (4)適用範囲の拡大
    ワイヤー式であるため多少の配管曲がり部であれば施工できる
  • (5)作業効率・安全性の向上
    ワイヤー引き込み作業を装置操作者とワイヤー巻き取り者の2名で行うことが可能
    また、引き込み時に作業者が立抗内に入ることなく、より安全に作業が行うことができる

4. 適用範囲

延長 1回の施工につき20m~50m
管種 鋼管 → ポリエチレン管
口径 50A・65A → 50A・75A

PAGE TOP