1. パトナビシステムとは

タブレットによるパトロール

タブレットによるパトロール

パトナビシステムは、高圧路線パトロール車両に設置したタブレットにパトロール業務に必要な情報(ガス導管埋設位置、点検ポイントなど)を登録し、パトロール車両が点検ポイントに近づくとタブレット上に情報が表示され、パトロール従事者へ注意を促し、パトロール業務を円滑かつ確実に行えるよう支援するシステムです。

2. 目的

当社では、高圧導管が埋設された道路を毎日パトロールし、事前照会のない他企業者の工事の有無、照会された工事の実施状況の確認のほか、道路の陥没や漏水などの他工事につながる事象の有無の確認などを通じて、高圧導管の保全に努めています。パトロール業務には、ガス導管埋設位置、他企業者の工事情報、ガス施設点検情報などが必要となり、これらを把握するためには膨大な紙資料の確認が必要です。また、報告を用紙記入により行っているため、報告書作成に時間がかかるという問題点がありました。そこで、情報の共有と業務の効率化を図るため、パトロール業務を支援する「パトナビシステム」を開発しました。
また、タブレットをカーナビ及び現場情報管理端末兼用として利用することにより、端末1台で、他工事情報(照会・協議情報など)からパトロール情報(発見情報・巡回コースなど)、ガス設備情報(導管・ガバナ情報など)を効率的に一元管理できます。

3. システム構成と機能

(1)システム構成

本システムは、事務所PC(データ管理サーバと操作PC)と車載タブレットにより構成されます。事務所PCと車載タブレットはXi通信にてつながっており、タブレットに表示するパトロールに必要な情報は、全てデータ管理サーバから送信されるほか、パトロール車両の位置情報管理やパトロール車両への情報送信機能を有します。

(1)システム構成

(2)システムの主な機能

  1. 1)事務所PC
    パトロールに必要な情報(ガス導管・ガス施設、パトロール順路、他企業者の工事情報、点検スケジュールなど)の登録編集、パトロール車両の位置情報管理など。
  2. 2)タブレット
    パトロールに必要な情報(ガス導管・ガス施設、パトロール順路、他企業者の工事情報、点検ポイントなど)の画面表示、パトロール順路案内、点検ポイント近接案内、パトロール報告書、発見報告書作成など。
タブレット画面

タブレット画面

※パトロールコース、定期巡回地点を簡単に登録、表示でき、パトロールコースを音声でナビゲーションします。

点検ポイント近接案内

点検ポイント近接案内

※点検ポイントにパトロール車両が近づくと、タブレット画面上への「点検情報」メッセージのポップアップ表示と音声案内によりパトロール者に注意を促します。

4. 特長

  1. (1)タブレット画面上にてパトロールに必要な情報が全て確認できるため、パトロール者の情報確認作業が円滑かつ確実に実施できます。
  2. (2)パトロールに必要な情報を電子化およびデータ管理としたため、情報の入力作業や報告書作成の効率化が図れると共に、常に最新情報によるパトロール業務が実施できます。

PAGE TOP