ホーム/ガス機器情報/ガスコンロ ー Siセンサーコンロ/特長5 環境

特長5 環境

CO2排出量比較

都市ガスは、都市ガス工場からガス導管を通じてお客さまに届けられます。都市ガス工場におけるエネルギー製造効率は利用されない排熱がほとんど発生しないことから、ほぼ100%である上、ガス導管による都市ガス輸送時もエネルギーロスがほとんどなく、経済効率性の高いエネルギーです。

ご家庭に届いた時点での都市ガスと電気の一次エネルギー利用率比較

そのため、IHクッキングヒーターと比較してガスコンロはCO2年間排出量が半分以下になります(一次エネルギーベースの比較によるもの)。

CO2排出量比較のイメージ

試算条件
●一般家庭の調理負荷(ガス石油機器省エネ性能カタログより)
コンロ、1400MJ/年 グリルの使用回数、209回/年
●機器効率:ガスコンロ56%、IHクッキングヒーター79%(当社実測値)(※1)
●年間消費量:ガス59m³ 電気515kWh
●CO2排出原単位(※2):都市ガス2.29kg-CO2/m³、電気0.66kg-CO2/kWh

※1 効率=水に加えられた熱量/消費した熱量。

※2 都市ガスは当社都市ガス組成より(平成27年9月時点)。 電気は火力発電の場合(平成28年5月「地球温暖化対策計画」)。

ガス機器情報ホーム

ページトップ