給湯器のお選びポイント

給湯能力

給湯の「号数」とは、どれだけのお湯が出るかという能力を表しています。「水温+25℃」のお湯が1分間に1リットル出せれば1号となり、「水温+25℃」のお湯が1分間に24リットル出せれば24号となります。つまり、号数が大きいほど一度にたくさんのお湯が出せます。 ※ただし、水温が低くなるとお湯の出る量も少なくなりますのでご注意ください。
東邦ガスでは、家庭用のお客さま向けに16号、20号、24号等の給湯器をご用意しております。家族人数やお湯の使用状況に合わせて、適切な号数をお選びください。

一般的なご家庭でのお湯の使用量

[出典]JIS S2075(家庭用ガス・石油温水機器のモード効率測定法)

号数別・季節別の給湯能力の目安

  • 中間期(春・秋)の給湯能力
  • 冬期の給湯能力
  • シャワー、台所または洗面所使用時の
    お湯の使用量

<試算条件>
中間期(春・秋):リモコン設定温度40℃(水温15℃)
冬期:リモコン設定温度40℃(水温5℃)

○給湯能力は、設置状況(配管長さ、配管経路等)や季節によって変化します。

ふろ機能
ふろ機能には、全自動タイプと自動タイプがあります。
全自動タイプは、自動足し湯ができます。
これにより自動お湯はりからすべてをスイッチひとつで全自動化。 全自動タイプ
自動タイプ
温度タイプ 暖房給湯器・暖房専用熱源機
浴室暖房や床暖房等ができる暖房給湯器・暖房専用熱源機には、
2温度タイプと1温度タイプがあります。
2温度タイプ
2温度タイプは、床暖房を含む全ての端末機器に対応でき、60℃と80℃の温水を同時に取り出せるタイプの熱源機です。60℃の温水は床暖房、暖房放熱器(ラジエーター形)などの低温水端末機器に、80℃の温水はその他の暖房や乾燥の高温水端末機器に循環させます。
1温度タイプ
1温度タイプは、高温水端末機器に対応でき、80℃の温水を取り出せる熱源機です。端末機器は、浴暖くん (浴室暖房乾燥機)、暖房放熱器(ラジエーター形を除く)に対応できます。

閉じる