現在位置 | トップページエネファームtypeSを知ろう > エネファームtypeS 3つの特長

エネファームtypeS 3つの特長

ポイント1 世界最高の発電効率

52%の高効率発電を実現

燃料電池の電解質にセラミックスを使用することにより、700℃以上の高温下で発電できることから、52%※2という高い発電効率を実現しました。

【エネファームtypeSとエネファームの比較】

エネファームtypeSとエネファームの比較

※1 定格出力1kW以下の家庭用燃料電池で世界最高の発電効率。平成29年3月現在。東邦ガス調べ。
※2 JISC8823に基づく測定値。
LHV(低位発熱量:燃料を燃焼させた時の水蒸気の凝縮潜熱を含めない発熱量)基準。
※3 NT-0716ARS-KCの場合
※4 NA-0717ARS-Kの場合

ポイント2 世界最小の機器本体サイズ 平面設置スペース約1.3m²

世界最小サイズ※5で設置性の向上

必要な設置スペースを1.3uにまで縮小。
従来は設置が難しかった狭小スペースにも設置の可能性を広げ、より多くの暮らしを支えていきます。

【設置スペース平面図(標準設置の場合)】

設置スペース平面図(標準設置の場合)

※5 家庭用固体酸化物形燃料電池で世界最小のサイズです。平成29年3月時点。東邦ガス調べ。

ポイント3 フルカラー液晶&画面タッチリモコン カンタンタッチ操作

台所リモコンと浴室リモコン

フルカラー液晶&タッチ操作で直感的な操作を実現

発電・購入電力量をチェックする「エネルギートップ画面」とふろや給湯設定を行う「給湯トップ画面」を切替えて利用。台所と浴室のリモコン間で通話ができるインターホンも標準で搭載。見やすさ、操作のしやすさが一段と進化しました。

【エネルックメニュー】

画面タッチでらくらく操作。

エネルックメニュー

PAGE TOP