現在位置 | トップページエネファームtypeSを知ろう > エネファームtypeS 3つの特長

エネファームtypeS 3つの特長

ポイント1 世界最高水準の発電効率

52%の高効率発電を実現

燃料電池の電解質にセラミックスを使用することにより、700℃以上の高温下で発電できることから、52%※2という高い発電効率を実現しました。

【エネファームtypeSとエネファームの比較】

エネファームtypeSとエネファームの比較

※1 定格出力1kW以下の都市ガスを燃料とする家庭用燃料電池で世界最高水準の発電効率。
2018年3月現在。東邦ガス調べ。
※2 JISC8823に基づく測定値。
LHV(低位発熱量:燃料を燃焼させた時の水蒸気の凝縮潜熱を含めない発熱量)基準。
※3 NT-0718ARS-KCの場合
※4 NA-0717ARS-Kの場合

ポイント2 世界最小の機器本体サイズ 平面設置スペース約1.3m²

世界最小サイズ※5で設置性の向上

必要な設置スペースを1.3uにまで縮小。
従来は設置が難しかった狭小スペースにも設置の可能性を広げ、より多くの暮らしを支えていきます。

【設置スペース平面図(標準設置の場合)】

設置スペース平面図(標準設置の場合)

※5 定格出力1kW以下の都市ガスを燃料とする家庭用燃料電池で世界最小のサイズです。
2018年3月時点。東邦ガス調べ。
※6 ノーリツ標準タイプ(FT4216ARSAW6CZ)の場合

ポイント3 発電余剰電力の買取制度

東邦ガスの発電余剰電力買取制度※7

エネファームtypeSで発電し、ご家庭で使用されなかった発電余剰電力を、東邦ガスへ売電することが可能です。

発電余剰電力の買取制度

※7 東邦ガスとガス使用契約を締結しているお客さまで、東邦ガス・発電余剰電力買取規約をご承認の上、お申込みいただく必要があります。 その他お申込み条件がございますので、詳しくは「発電余剰電力買取について」をご確認ください。

PAGE TOP