現在位置 | トップページエネファームを知ろう > しくみ

しくみ 都市ガスから取り出した「水素」と空気中の「酸素」から、電気をつくる。発電・給湯・温水暖房を1台でできる先進システムです。

燃料電池は、水素H2と酸素O2を化学反応させて電気をつくる先進のクリーンテクノロジー。
この燃料電池によって、おうちで発電するシステムがエネファームです。
発電時に発生する熱で、お湯をつくるのでエネルギーのロスも低減。
また、バックアップ給湯器でお湯をつくることもできるため、湯切れの心配もありません。

イメージ図

※ キッチンやシャワーへの給湯、お風呂の湯張り等には、発電時の熱を有効利用した貯湯タンクのお湯を使用します。貯湯タンク内のお湯で需要に対応できない場合や暖房時の温水(お湯)は、バックアップ給湯器でガスを燃焼させてつくります。

しくみ 燃料電池(セル)の原理

エネファームは、都市ガスから取り出した水素と空気中の酸素を化学反応させ、水の電気分解の逆の反応原理で、電気を生み出す装置です。
この時発生する熱を有効利用します。

【発電原理】

発電原理

PAGE TOP