TOHO GAS PERSON ガスで働くひと

供給
供給防災部 整圧センター
整圧施設課 整圧技術チーム

ゼネラルリーダー

鵜飼 里奈( 2015年入社 )

  • 社会工学専攻
  • 建築系

キャリアを積みながら働く
自分の将来像をイメージできた。

学生時代から、将来は仕事と家庭を両立しながら働きたいと考えていました。東邦ガスに入社する決め手になったのは、同じ研究室出身の女性先輩社員から話を聞いて、多彩なキャリアの積み方があるんだなと想像できたこと。育児をしながら仕事もバリバリとこなすママさん社員の姿は、私の理想とする将来像と重なりました。
それまで地上の構造物に関わってきた私にとって、未知の領域である「地下」に張り巡らされたガス管に興味を感じたことも理由の一つ。入社後の配属は希望どおり供給部門となり、今はガスを送る際に圧力を調整する整圧設備に関わる業務を担当しています。女性も男性も同じように活躍できる環境であることは、実をいうと想像以上でしたね。施工監理者である現場監督として、夜間作業の立会いも経験したことがありますよ。

知見と技術を継承して
地域に寄り添い続けていく。

ガバナと呼ばれる整圧器はあまり一般的ではありませんが、安全な供給に必要不可欠な設備です。私は整圧技術チームの一員として、ガバナやガバナボックス、バルブなどの新規採用や仕様変更時の試験評価を担当。ガバナには遠隔通信によって24時間圧力を監視するシステムが備えられているので、そのメンテナンスも行います。
ガバナは部品一つで驚くほど性能が変わる繊細な設備。仕様変更や不具合が生じたときには、安全性や効率性を高めるため、細部に至るまで対応策を検討します。たとえどんなに小さな部品でも、メーカーと調整を重ね、試行錯誤の末に改良品として形になったときには大きなやりがいを感じます。それには現場監督として地域のお客さまと直に接し、責任の重みを肌で感じた経験が活きているのかもしれませんね。
お客さまのニーズに応える対応力、職人技ともいえる高い技術力は、間違いなく私たちの強み。一人ひとりの使命感の強さには将来性を感じます。そのなかの一人として、私は自分の得意な分野を持つゼネラリストを目指しています。技術チームに所属していることを活かして専門性を高め、他社との交流などを通して視野も広げながら、周囲の要求に対してスピーディに応えられる人材になりたいですね。

※ガバナ=都市ガスの圧力を調整する機器

CAREER これまでのキャリア

ゼネラルリーダー

  • SCHEDULE 1日のスケジュール

    6:30
    起床同期と購読をはじめた日経新聞電子版を流し読み。
    8:50
    出社メールチェックと予算進捗確認。
    10:00
    資料作成整圧器トラブルの原因調査に関する資料を作成。
    12:00
    ランチいつも会社の食堂で食べます。
    13:30
    打合せ新規採用品についてメーカーと打合せ。
    16:00
    ミーティング技術チームメンバー同士で進捗確認。
    18:00
    退社語学学習のため喫茶店に行ったり、食材の買い物をしたり。
  • PROFILE プロフィール

    [供給部門]
    供給防災部 整圧センター
    整圧施設課 整圧技術チーム

    鵜飼 里奈 (2015年入社)

    工学研究科、社会工学専攻。
    学部では意匠を含めた建築全般を学び、大学院では
    鉄筋コンクリート構造における耐震診断指標の研究に励む。
    学生時代には設計事務所のほかに結婚式場でアルバイトしたり、
    小児病棟の内装として壁画を描くボランティアをしたり、
    幅広く経験するなかで自分に向いていることを探していたという。
    建築巡りや美術鑑賞が趣味。

ページトップへ