マテリアリティ(重要課題)の特定

東邦ガスグループは、中期経営計画(2019年度~2021年度)で掲げた「ESG経営の推進」に向けて、社会(ステークホルダー)および当社グループにとって重要性の高い社会課題をマテリアリティとして特定しました。マテリアリティに沿って社会課題の解決に向けて取り組み、地域社会の発展に引き続き貢献してまいります。

マテリアリティの特定プロセス

サステナビリティ(持続可能性)情報開示の国際基準であるGRIスタンダード※を参考に、以下のステップで特定しました。

※国際的NGO「グローバル・レポーティング・イニシアティブ(GRI)」によるサステナビリティ報告書のスタンダード。

STEP 1現状分析

各種の国際基準やステークホルダーの期待・要請などの調査による社会課題の現状分析、および企業理念や企業倫理行動指針などによる自社の現状分析を行い、GRIスタンダードが示す項目をベースに、マテリアリティ要素を整理しました。

  • 国際基準(GRIスタンダード、ISO26000※1、SASB※2)
  • SDGsの目標
  • ESG格付機関の評価項目(FTSE※3、MSCI※4)
  • ステークホルダーの期待・要請(お客さまの声、投資家との対話等)
  • 企業理念、企業倫理行動指針、環境行動指針、中期経営計画
  • ※1 ISO26000 : 社会的責任に関する国際規格
  • ※2 SASB : 米国サステナビリティ会計基準審議会
  • ※3 FTSE : ロンドン証券取引所グループのFTSE Russell社
  • ※4 MSCI : モルガン・スタンレー・キャピタル・インターナショナル社

STEP 2優先順位付け

現状分析の結果に業種の特性を考慮して重みづけを行い、ステークホルダーから見た重要性、自社から見た重要性の2軸により、GRIスタンダードが示す項目の中から優先すべき課題を抽出しました。

優先順位付け

STEP 3マテリアリティの特定

このようにして抽出した項目を、中期経営計画等を踏まえて整理・統合し、経営層での議論を経て、マテリアリティとして特定しました。また、マテリアリティに沿って、取り組み課題を設定しました。
なお、昨年度の取り組み状況は、Webサイトをご参照ください。

STEP 4開示・振り返り

活動実績の評価、事業環境の変化、ステークホルダーからのご意見等を踏まえて振り返りを行い、適切に見直していきます。

特定したマテリアリティ

マテリアリティは、東邦ガスグループ中期経営計画をもとに、コンプライアンス・ガバナンスをベースとし、戦略的に取り組む課題 マテリアリティ14 と、それを支える経営基盤としての取り組み課題 マテリアリティ5 に整理しました。
また、そのマテリアリティと関連する主なSDGs(持続可能な開発目標)は以下のとおりです。当社グループは、これまでも事業活動を通じて社会課題への取り組みを進めており、引き続きマテリアリティに沿ってSDGsの達成に貢献していきます。

中期経営計画の目指すところ
創業以来培ってきた「お客さま第一主義」の精神のもと、 エネルギー供給を通じてお客さまの「くらし」と「ものづくり」を支えマテリアリティ12、地域の発展マテリアリティ3と社会の低炭素化マテリアリティ4に貢献することを目指す。
SDGs マテリアリティ GRIスタンダードの項目 取り組み課題
4 7 9 11 12 13 15 17
マテリアリティ1
エネルギーと周辺サービスの提供
  • 経済的パフォーマンス
  • 間接的な経済的インパクト
マテリアリティ2
安定供給と安全・安心の確保
  • 顧客の安全衛生
  • 顧客プライバシー
マテリアリティ3
地域社会への貢献
  • 地域コミュニティ
  • 生物多様性
  • 水と排水
マテリアリティ4
環境調和型社会の実現
  • エネルギー
  • 大気への排出
  • 排水と廃棄物
  • 生物多様性
5 8
マテリアリティ5
人財力の強化
  • 研修と教育
  • ダイバーシティと機会均等
  • 労働安全衛生
16 コンプライアンス ・ ガバナンス

エネルギーと周辺サービスの提供

都市ガス、LPG、電気の最適提案
目指す方向性(2019年度~2021年度) 2019年度主要実績
都市ガス、LPG、電気のお客さま数の増加 ・都市ガス :251万件*1 ・LPG :58.9万件*2 ・電気 :33.5万件
(*1:取付メーター数、*2:配送受託件数含む)
地域密着サポートの提供
目指す方向性(2019年度~2021年度) 2019年度主要実績
地域に密着した保安・サービスの推進
  • 24時間365日の電話受付を「修理」に加え「ガス・電気使用開始」の申し込みまで拡大し、いつもつながる安心感・利便性を向上。
  • 21時までのガス機器訪問修理や「住まいの安心点検」による水回り設備も含めた無償点検など、トラブル時の安心も含めた品質の高いサービスを提供。
新たなエネルギー周辺サービスによる付加価値の提供
目指す方向性(2019年度~2021年度) 2019年度主要実績
ご家庭向けライフサービスの提供と拡充 ライフサービスプラットフォームとしてECサイト「ASMITAS」のサービスを開始し、エネルギー以外のくらしまわりのサービスを提供。
トータルビジネスサポートの提供 水処理装置やコンプレッサーなどエネルギー以外の設備に関する省コスト提案を行うとともに、工業炉の緊急対応・メンテナンス等に対するデジタルツールの活用に向けた各種検討を実施。
エネルギーリソースアグリゲーションへの挑戦 VPP構築実証事業(経済産業省)に参画し、自家発電機や産業用蓄電システムを活用したアグリゲーション技術の実証を推進。
新たな領域への挑戦
目指す方向性(2019年度~2021年度) 2019年度主要実績
総合ユーティリティサービス事業の強化 岡崎市、豊田市、四日市市の小中学校等へガス空調を導入。設計から建設・施工、保守管理までワンストップで提供。
リフォーム事業の強化 地域におけるくらしまわり全般のパートナーとして、お客さまの住まい、くらしに関するニーズに幅広く対応する新ブランド「わが家のマイスター」の展開を開始。三重地区からスタート。
保有不動産の活用
  • みなとアクルスにおいて、3月から入居を開始した分譲マンションを合わせ、エリア全体のエネルギーマネジメントを開始。
  • 東邦ガス旧業務用ショールームの跡地を活用し、賃貸集合住宅「ヒヴィ・カーサ瑞穂」を竣工。

安定供給と安全・安心の確保

低廉かつ安定的な原料調達
目指す方向性(2019年度~2021年度) 2019年度主要実績
LNG調達の多様化 米国キャメロンプロジェクトからの調達を開始。
LNG受け入れ基地の柔軟な運用 伊勢湾ガスパイプラインや基地間LNG移送を活用するなど、基地間の運用連携を強化し、柔軟かつ効率的なLNG受入基地の運用を実施。
保安対策・災害対策の推進(製造・供給)
目指す方向性(2019年度~2021年度) 2019年度主要実績
保安・災害対策の着実な推進
  • 都市ガス工場において、保安・災害対策として、電気設備等の更新等の経年対策や桟橋を含む受入設備の耐震補強等を計画的に実施。
  • 安定供給に向けて、豪雨・洪水に対する災害保安対策として、ガバナー室等の供給関連施設のかさ上げを計画的に実施。
  • 大規模地震時の影響範囲を極小化し、復旧作業の早期化に効果が期待される「低圧遮断システム」の導入を拡大。
  • 直下型地震の発生を想定した総合防災訓練の実施や地元自治体・自衛隊等と連携した合同訓練等を行い、災害対応力を強化。
都市ガス・LPGの広域展開
目指す方向性(2019年度~2021年度) 2019年度主要実績
ガス導管の着実な延伸 ・ガス導管の延長:30,557km
・都市ガス供給区域:愛知・岐阜・三重の3県で54市21町1村に拡大
LPGのより広域な事業展開と事業基盤の強化
  • 東邦液化ガスとヤマサグループ双方の拠点を活かし、需要開発を推進。
  • 東邦液化ガスでは、名港LPG基地のローリー出荷設備の耐震・増強工事を実施するとともに他社と共同保有する内航船「第一邦輪丸」の運航を開始し、安定的な原料調達を実施。
情報セキュリティの強化
目指す方向性(2019年度~2021年度) 2019年度主要実績
社員教育と意識啓発の推進 情報セキュリティに関するEラーニングや標的型メールによる啓発訓練の実施(実施回数5回)

地域社会への貢献

まちづくりへの貢献(みなとアクルス、地域新電力等)
目指す方向性(2019年度~2021年度) 2019年度主要実績
エネルギーの地産地消や環境負荷の低減等による地域社会の活性化とまちづくりへの貢献、災害に強い安全・安心なまちづくり
  • 岡崎市におけるエネルギーの地産地消および低炭素化の実現を目指し、岡崎市他と新会社「岡崎さくら電力」を設立。
  • 松阪新電力では、松阪市の公共施設への電力供給を通じて、「エネルギーの地産地消」、「エネルギーコストの地域内循環」を推進するとともに、設立趣旨に沿って事業利益を松阪市に寄付し地域の活性化に貢献。
  • みなとアクルスでは、災害時のエリア内エネルギー供給の継続、隣接する港区役所への非常用電力の供給、避難者の受入れなど、地域の防災機能強化への貢献を引き続き実施。
  • みなとアクルスでは、分散型電源や再生可能エネルギーの活用に加え、未利用エネルギーとして運河水を活用するなど、環境に配慮したまちづくりと水利用を実施。
生物多様性保全の推進
目指す方向性(2019年度~2021年度) 2019年度主要実績
【環境行動目標(生物多様性保全)】
事業活動等を通じた生物多様性保全の推進
  • 「東邦ガスの森」での森林保全活動
  • ビオトープの管理 外来種駆除等10回
都市ガス・LPGの広域展開
目指す方向性(2019年度~2021年度) 2019年度主要実績
ガス導管の着実な延伸 ・ガス導管の延長:30,557km
・都市ガス供給区域:愛知・岐阜・三重の3県で54市21町1村に拡大
LPGのより広域な事業展開と事業基盤の強化
  • 東邦液化ガスとヤマサグループ双方の拠点を活かし、需要開発を推進。
  • 東邦液化ガスでは、名港LPG基地のローリー出荷設備の耐震・増強工事を実施するとともに他社と共同保有する内航船「第一邦輪丸」の運航を開始し、安定的な原料調達を実施。
環境教育・社会貢献の推進
目指す方向性(2019年度~2021年度) 2019年度主要実績
【環境行動目標(地域連携)】
地域と連携した環境社会貢献活動、次世代環境教育等の推進
  • 地域清掃活動(海浜清掃を含む)
  • 小学校等での出前授業の実施(201回)
  • ガスエネルギー館による環境学習(来館者数:約2万2千人)

環境調和型社会の実現

地球温暖化対策の推進
目指す方向性(2019年度~2021年度) 2019年度主要実績
【環境行動目標(お客さま先でのCO2排出の抑制量)】
60万t(2019~2021年度の累計値) 14.1万t
【環境行動目標(事業活動でのCO2削減)】
  • 都市ガス工場のCO2原単位:
    11.5t/百万Nm3以下
  • 都市ガス工場のCO2原単位:
    9.6t/百万Nm3
  • エネルギーセンターのCO2原単位:
    75.1t/千GJ以下
  • エネルギーセンターのCO2原単位:
    73.4t/千GJ
  • オフィスのCO2原単位:
    79.8t/千m2以下
  • オフィスのCO2原単位:
    73.2t/千m2
  • 電力事業のCO2排出抑制への取り組み
  • 電力事業のCO2排出抑制への取り組み:
    太陽光発電所の新規運開による設備容量の拡大(2.7MW)
資源循環の推進
目指す方向性(2019年度~2021年度) 2019年度主要実績
【環境行動目標(資源循環)】
  • 都市ガス工場のゼロエミッション:
    維持(最終処分率1%以下)
  • 都市ガス工場のゼロエミッション:
    維持(0.10%)
  • ガス導管工事から発生する廃棄物再資源化:
    99%以上
  • ガス導管工事から発生する廃棄物再資源化:
    99.7%
  • ガス導管工事で使用する天然山砂等の抑制:
    15%以下
  • ガス導管工事で使用する天然山砂等の抑制:
    11.2%
  • 一般廃棄物の再資源化:80%以上
  • 一般廃棄物の再資源化率:80.7%
  • グリーン調達、使用済みガス機器のリサイクルを通じた3R
  • グリーン購入の継続実施(11.7百万円)、使用済みガス機器リサイクルの継続実施(850.8t)
生物多様性保全の推進
目指す方向性(2019年度~2021年度) 2019年度主要実績
【環境行動目標(生物多様性保全)】
事業活動等を通じた生物多様性保全の推進
  • 「東邦ガスの森」での森林保全活動
  • ビオトープの管理 外来種駆除等10回
低炭素化・高効率化に向けた技術開発
目指す方向性(2019年度~2021年度) 2019年度主要実績
【環境行動目標(技術開発)】
低炭素化・高効率化に向けた技術開発の推進
  • 燃料電池自動車の普及と水素供給インフラの整備・運用の拡大に向けて、2019年3月に運用を開始したセントレア水素ステーションを含め、全4基の水素ステーションを安定的に継続運用。
  • お客さまが楽しく継続的に節電できる家庭向けデマンドレスポンスの実証試験を開始。
  • 経団連「チャレンジ・ゼロ」に参加し、「水素サプライチェーン構築に向けた、水素ステーション整備・運用および水素利用技術の開発」、「再エネ、分散型電源の普及に向けたエネルギーマネジメントの高度化とレジリエンス強化の両立」、「熱エネルギーの有効活用に資する高密度蓄熱技術の開発」など、脱炭素社会に向けたイノベーションに挑戦していくことを宣言。

人財力の強化

人材の採用・育成
目指す方向性(2019年度~2021年度) 2019年度主要実績
公正・公平な採用(人材の多様化) 公正・公平な採用として、新卒86人、キャリア採用28人、計114人採用。
人材育成(現場力の維持強化)
  • 集合研修回数(階層別研修:84回、選択型研修:21回、キャリア研修、ダイバーシティ研修、育休・産休前セミナー等:24回)
  • 高いレベルでの安定供給、保安の確保、お客さま対応力等の維持と向上に向けて、グループ全体、各本部等において技能選手権(GHP点検、内管点検、特定点検、緊急保安、製造設備等)を開催。モチベーションと技術を高め、さらなる現場力の強化を推進。
ダイバーシティの推進
目指す方向性(2019年度~2021年度) 2019年度主要実績
女性が能力を発揮できる職場づくり 管理職の女性比率1.9%
障がい者雇用の創出
  • 障がい者雇用比率2.2%
  • 特例子会社(東邦フラワー)を設立し、障がい者雇用のさらなる創出、就労の定着化により、生き生きと活躍できる職場づくりを推進。
柔軟な働き方の実現
目指す方向性(2019年度~2021年度) 2019年度主要実績
子育て・介護等との両立支援
  • 育児休業・介護休業取得者数:計29人
  • 仕事と育児、介護、治療との両立への取り組みを進め、社員のワークライフバランスを推進。
健康経営の推進
  • 健康診断受診率 100%
  • 従業員のこころとからだの健康づくり対策を実施し、健康経営優良法人2020(ホワイト500)に認定。

PAGE TOP