日常のチェックポイント

日常のチェックポイント01 日常のチェックポイント02

小型湯沸器の取り替えや設置は、正しい意識を持った資格者が行わない場合、ガス漏れの原因となり大変危険です。設置の際は、正しい資格を持った業者に依頼し、ご自分で設置しないでください。

不完全燃焼の可能性がある現象

  • 使用中にいやなにおいがする
  • 使用中にたびたび火が消える(たびたび火が消えたことがある)
  • 前面の塗装が部分的に黒く変色している
  • 炎があふれている
  • ススが付着している

不完全燃焼防止装置がついている場合でも、上記現象などがある場合は、不完全燃焼を起こしている可能性があります。その場合は、一酸化炭素中毒が起こるおそれがあり、最悪の場合は死に至ることがあります。直ちにご使用を中止し、お買い上げの販売店や東邦ガスにお問い合わせください。
不完全燃焼防止装置のついていない小型湯沸器は、不完全燃焼防止装置付き機器へのお取り替えをお勧めします。

繰り返し点火は危険です

繰り返し点火は危険です

小型湯沸器の安全装置が働いて火が消えた場合は、繰り返し点火しないで、販売店「リベナスエネドゥ」「エネドゥ」または東邦ガスに点検・修理(有償)をお申し込みください。

室内に新鮮な空気が不足している場合や、機器が劣化している場合など、不完全燃焼防止装置がはたらき、燃焼を停止することがあります。
不完全燃焼防止装置が連続して複数回作動すると、機器をロックさせる「インターロック機能」を備えているものがあります。インターロック機能が作動した場合は、メーカーによる解除が必要になります。

長時間の連続使用について

長時間の連続使用について

小型湯沸器で浴槽、洗濯機への給湯、シャワー、洗髪などの長時間使用は不完全燃焼を起こし、一酸化炭素(CO)中毒の原因となり、大変危険です。絶対におやめください。

※現在製造中の小型湯沸器は、一定時間連続して使用すると燃焼を停止します。

PAGE TOP