2017.03.24

「おいしい常備菜があれば」ほっとできる毎日のごはん

私が一年中作っている大好きな常備菜といえば
牛肉のしぐれ煮、昆布の佃煮、
ひじきのしょうが煮、山椒ちりめん…。
冷蔵庫に自分の好きな常備菜があると
忙しいときもほっとできます。
長く日持ちさせるより
そのつどおいしく食べたいから
あまり濃い味つけにはしていません。
とくに昆布の佃煮は、佃煮と呼んではいますが
優しいしょうゆ味で少しだけ甘口。
私の今いちばんのお気に入りで、
まるでサラダのようにたくさん食べられて
すぐに食べきってしまいます。
どの常備菜もシンプルなので
混ぜごはんにしたり、サラダや豆腐に添える
おいしい素としても役立ちます。
もちろんおべんとうのおかずにもぴったり。
多めにできたらビンにつめてラッピングし、
手土産にすることも。
「ごはんと食べてみてね」と手渡すと
みんな喜んでくれます。
保存は蓋付きのホウロウや
ガラス容器に入れ、冷めてから冷蔵庫へ。
少なくなってきたら小さな器に入れ替えると
残りものにならず、食べそびれもなくなります。

  • 次に進む
  • 前に戻る