2016.03.31

「食べやすさの工夫」気楽につまんでほしいから

うちの気楽なおもてなしでは
片手でちょっとつまめる料理を
毎回いくつか組み合わせています。
たとえば野菜料理なら
ひと口かふた口で食べきれる
たたききゅうりとか、れんこん炒めとか。
コロッケなどはふだん、おかずで作るより
だいぶ小さく丸めています。
そうすると材料はいつもの4人分でも
びっくりするくらいたくさんの数ができます。
簡単に作れて揚げるのも楽な上に
カリッと揚がった衣も存分に楽しめるので
私はこのサイズのコロッケが気に入っています。
箸ではつまみにくい玉こんにゃくの
煮ものなども竹串に2個ずつくらい刺して
からしを添えてお皿に並べておくと
みんな、珍しがって手をのばし、
「おいしい」といって食べてくれます。
料理は見た目のかわいらしさや
食べやすいことも考えながら盛りつけすると
もっと料理の楽しさがわかってくるのだと思います。

  • 次に進む
  • 前に戻る