2014.07.09

『気楽に招いて招かれて』おもてなしをもっと楽しみましょう

うちは昔から夫や子どもたちがごはんどきに
友だちを連れて帰ることが多い家でした。
私も料理の仕事を始めてからは
友人たちを招いてもてなす機会が増えています。
長年おもてなしを続ける中で思うのは
招く側と招かれる側、どちらも無理せず
楽しい時間がともに過ごせたら
また次につながっていくことがわかりました。
私の場合は圧倒的に招く側で、
たまに招かれても「あなたの本をみて作ったわ」と
いわれることも多いのですが(笑)、
いつも作り慣れた料理を基本に献立を決めると
おもてなしはグンと気楽になります。
だからうちではカレーも人気のメニュー。
作るほうは気負わず、前もって用意しておけますし、
お客さまにとって、よそのうちのカレーは
味だけでなく組み合わせや食べ方を含め、
意外に新鮮に感じてもらえるからです。
テーブルはあえて大きなものを使わず、
ガスコンロのまわりにふだん使いのテーブルや
可動式のワゴンなどを組み合わせて
目の前でごはんを炊いたり、カレーを温めたり、
ステーキを焼いたり。春巻きを揚げたら
あつあつをみんなでつまみます。
おいしく作るコツも教え合ったりしながら
ふだんのごはんをいっしょに楽しむこの気軽さが
おもてなしを間違いなく身近にしてくれます。

  • 次に進む
  • 前に戻る