2013.06.20

「おうちでカフェ気分 その2」テーブルを涼しげに見せる工夫

窓越しの光は今日も朝から強くて
日中暑くなりそうな予感。
うちのカフェ気分のおもてなしでも
涼しさを感じる小さな工夫が
これから欠かせなくなります。
喉の渇きを潤すよく冷えた水は
テーブルの必需品。
ピッチャーに水とたっぷりの氷を入れたら
私は庭のハーブの鉢から摘んだ
レモンバームの葉を数枚加えています。
ガラスが冷えて曇るようすも涼しげ。
レモンバームがなければ
かんきつ類のスライスをほんの少し加えても。
夏のデザートやティータイムに人気なのが
ゼラチンで冷やし固めるスイーツ類。
1人分ずつ器に流したパンナコッタは
大きなトレーに並べ、
まわりのすき間を砕いた氷で埋めています。
こうしておけば室内でも温まることなく
ひんやりおいしくいただけます。
庭に咲いた花をあちこちに飾るのは
この季節に限りませんが、
みんなに気持ちよくくつろいでもらうために
私がずっと続けていることの1つです。
ちなみに白いアジサイを活けたのは
花器ではなく、青のりの空き瓶。
円錐形と青みがかったガラスの色合いが
気に入って小さな花飾りに愛用しています。

  • 次に進む
  • 前に戻る