2013.02.20

「煮ものの楽しみ」煮含めた味がおいしい

ひじきやしいたけの煮もの、
昆布の佃煮、煮豆、そして山椒ちりめん。
どれもごはんに欠かせない一品で
残り少なくなるとすぐに次を煮ておく
うちではおなじみの常備菜です。
ちょっと疲れていたり、時間のないときも
煮ものの常備菜があると安心します。
肉じゃがは新鮮なじゃがいもがあるとき、
私が作りたくなる煮ものです。
牛肉の切り落としと玉ねぎを合わせ、
味つけは濃すぎず、薄すぎず。
うち好みの味加減で煮ていきます。
火の通りや煮汁の残り具合を見て火を止め、
そのまま少しおいて味を含ませることが
煮ものをおいしくするコツです。
じゃがいもの中まで味がしみて
少しとろりとしたくらいの肉じゃがを
炊きたてのごはんと食べるのが私は大好きです。

  • 次に進む
  • 前に戻る