2013.01.21

「重箱をふだんにも」お正月だけでなく楽しみたい

お正月の出番を終えた塗りの重箱。
わが家でもおせちを盛りつけたり、
おすそわけを詰めたり、と大活躍でした。
私は塗りものが大好きなので、
重箱も大きさや絵柄違いでいくつか持っています。
お正月を過ぎても、しまい込んでしまうのが
いつももったいない気がして、
とくに小ぶりなものは手近において
夫婦ふたりごはんのときの盛りつけ皿にしたり、
お茶の時間にお菓子をのせたりして楽しんでいます。
蓋を開けると重箱の中からクッキーや
シュークリーム、なんていう使い方も
お客さまには喜ばれています。
もうしばらくして春の雛祭りのころには
ちらしずしを盛ったり、雛あられを詰めたり。
いろいろな使い道を考えていると
今年も1年ずっとそばに置くことになりそうです。

  • 次に進む
  • 前に戻る