2012.06.21

「変わりごはん」季節の味を盛り込んで楽しんでいます

初夏のころ、ふっくらしたグリーンピースが
出回り始めると、夫の好物の豆ごはんを何度も炊きます。
これには豚のしょうが焼きとポテトサラダ、というのが
長年変わらない夫のリクエストで
ほっとする味の組み合わせが好きみたいです。
少し蒸し暑くなってくるとよく登場するのが
夏の香りのする炊き込みパエリアです。
玉ねぎ、マッシュルーム、つぶしたトマトの水煮、
スープを加えて炊いたごはんに
ピーマン、オリーブの実を加えて蒸らし、
仕上げにケチャップやオリーブオイルで調味。
おかずごはんでボリュームを出すときは
食べやすく切って塩焼きにしたサバや
イカのソテー、ほたてのフライなどをのせます。
肉の場合はカリッと焼いたチキンや豚肉を合わせても。
ふだんは白米や雑穀入りのごはんがうちの基本ですが
季節の素材を盛り込んだ味変わりのごはんは
おいしくて食欲も増すので、重宝しています。

  • 次に進む
  • 前に戻る