2012.01.20

「ちゃんと味を伝えるために」計量は欠かせません

私の料理はもともと、家族やまわりのみんなに
食べてほしくて作っているものばかりです。
急いでもう一品作りたいときには
冷蔵庫に残っている材料で
いちいち調味料をはかったりせず、
調理することもよくあります。
さすがに味見はして食卓に出しますが、
これがすごく上手にできて評判がよかったとき
「ちゃんと計量しておけばよかった」と反省も。
勢いで作った味を再現するのは難しいもので、
味の記憶を頼りに、今度は調味料を
きちんと計量して足しながら何回も味見をして、
納得のいくレシピに仕上げています。
初めて私のレシピを見て作ってくれる人にも
おいしく作ってもらいたいから、
レシピは具体的な数字で伝えることを心がけています。
材料や調味料だけでなく、火加減や時間も……。
だからキッチンには大さじ、小さじ、スケールや
タイマーなどが欠かせない道具になっています。

  • 次に進む
  • 前に戻る