2010.11.24

「食べてくれる人を思って」おいしく火を通します

料理は毎日のことだから
頑張りすぎることはないけれど
少しの手間は惜しみたくないものです。
煮たり、焼いたりするときも
汁気の残り具合や焼き色の加減をみながら
ガスコンロの火を弱くしたり、強くしたり。
冬のうちの人気料理、大根そば鍋は
豚肉のうまみが出た鍋に
そばのように切った大根を加え、
シャキシャキの食感をあつあつでいただきます。
素材に合った火の通し加減は
ちゃんとおいしさにあらわれるもの。
食べてくれる人の顔を思い浮かべながら
おいしいといってもらう味を見つける、
それも愛情なのかな、と思います。

  • 次に進む
  • 前に戻る