2010.07.20

「食卓で季節を感じる」旬の素材を生かして

スーパーの売り場には一年中みかける素材が増え、
本来の旬があいまいになって久しいこのごろ。
料理家の仕事では季節を先取りした撮影もあるため
夏の白菜や冬のトマトに助けられることもありますが
それは、夏の太陽を浴びた完熟トマトや
寒さで甘みを増した白菜とはやはり別ものです。
暑い季節が巡ってきたら
枝豆は枝つきの膨らんださやをはずし、
鍋にたっぷり沸かした熱湯で青々とゆでたり、
なすはグリルで焼きなすにしたり……。
旬のものを無理なく取り入れることは
こどもたちにも季節感を伝える大事な食育です。
旬の素材はおいしいだけでなく、
大量に出回るだけに値段も手ごろ。
あれこれ食べ方を工夫していると楽しみは尽きません。

  • 次に進む
  • 前に戻る