2009.11.25

「だしをとるひと手間」和食の基本になる味を大切にしたい

昆布とカツオのだしの香りがキッチンに漂うと、
今日のみそ汁も、おいしくできる予感がします。
2人分の汁ものならだし汁2カップもあれば足りますが
いつも多めにとっておくのが私の習慣です。
だし昆布は表面のよごれをさっと洗ったら
水といっしょに鍋に入れ、できれば少し浸しておきます。
鍋を火にかけ、煮立つ直前に昆布を取り出し、
たっぷりの削りガツオを投入。
グラグラさせないで静かに2〜3分ほど煮たら火を止め、
あとはこすだけ。
冷めてから容器に入れ、冷蔵庫で1〜2日は保存も可能。
汁ものに限らず、だし汁の出番が多い和のごはんは
だし汁が用意してあると思うだけで正直、気が楽です。
忙しいときはインスタントも便利ですができるときはきちんとだしをとることから始めると
おいしさはもとより、背筋が伸びるような気もします。

  • 次に進む
  • 前に戻る