エネファームtypeSのページは現在2018年度版へ向けて修正中のため、一部の画像や数値が異なります。詳しくは2018年度版のエネファームtypeSカタログをご確認ください。

現在位置 | トップページエネファームの効果 > エコノミー

エコロジーな毎日をエコノミーに。節電にも家計にも、うれしいシステムです。

光熱費を比べると、エネファームtypeSがおトク。

ガスを使って発電する分、ガスの使用量は増えますが、おトクな「エネファーム料金」※4をご利用いただけます。
加えて、エネファームtypeSで発電した電気を使うことで、従来システムと比べて電気料金を削減。だから、電気料金とガス料金をあわせたトータルで従来システムと比べて、同等の設備・使用方法で光熱費※3のコストダウンが可能です。

【ランニングコストのトータル比較】

ランニングコストのトータル比較

※3 ここでいう光熱費とは、電気料金とガス料金をあわせた年間のランニングコストを意味します。
※4 下のエネファーム料金表等をご参照ください。一般料金との比較においては、25m³/月以上のガスをお使いいただいた場合、エネファーム料金の方が安くなります。
※5 エネファームtypeS アイシン 2016年度モデルの場合。
当社試算条件による一例。家族人数を4人とし、同等設備(ガス温水床暖房・ガス温水浴室暖房乾燥機あり)・同等使用方法での比較であり、家族構成、生活パターン、建物、使用機器や使用方法によって異なります。
また、気温および水温によっても異なります。当社の試算条件についてはこちらをご覧ください。
お客さまの条件に応じたシミュレーションについては、販売店または東邦ガスにお問い合わせください。

【エネファーム料金表・割引制度※6

エネファーム料金表・割引制度

エネファーム料金や割引制度の適用には、お客さまからのお申込みが必要です。
検針時のガス使用量が0m³の場合、割引額は0円になります。
詳細については、東邦ガスにお問い合わせください。
※6 記載の料金および割引制度は、2017年10月時点(消費税含む)のものです。エネファーム料金は、専用住宅または、事務所などを併設する住宅(併用住宅)の住居部分でエネファームを使用することが条件です(併用住宅の場合、ガスメーターの能力の合計が10号相当以下に限ります。)。
※7 従量料金単価は、原料費調整制度にもとづき毎月調整いたします。
※8 床暖割引は、ガス温水床暖房等をご使用の場合にお申込みいただけます。
※9 乾燥割引は、ガス温水浴室暖房乾燥機等をご使用の場合にお申込みいただけます。

エネファームtypeSにすると国からの補助金も。

国では、民生用燃料電池の導入を促進するために補助金制度を設けています。
エネファームtypeSはその対象となっています。(2017年9月現在)

詳しくは、一般社団法人  燃料電池普及促進協会へお問い合わせください。 一般社団法人  燃料電池普及促進協会「補助金事業センター」ホームページアドレス

PAGE TOP