現在位置 | トップページ > 停電時発電継続仕様

停電時発電継続仕様は、もしもの停電時の備えになります。

停電が発生しても、発電を継続。

停電時(停電時に継続発電する例)

都市ガスの供給停止やその他の理由によりリモコンにエラーが表示されている場合、エネファームは発電しません。
地震、火災が発生したときは、ただちにエネファームの運転を停止してください。
エネファームの停止中に停電になった場合は、蓄電池や発電機などと接続することで、エネファームを起動できる場合があります。

停電中も最大500Wの電力が使用可能。

使用電力の目安

※1 バックアップ給湯器、凍結予防運転に必要な電力も含みます。停電時の使用電力が発電電力より小さい場合、使用電力との差分の電気を使って熱を発生させ、貯湯タンクに貯めるお湯をつくります。
※2 数値はあくまで一例です。実際の消費電力は、製品の種類、使用方法により異なります。

通常時と停電時の運転イメージ

通常時 エネファームでつくった電気と、電力会社などからの電気を併用します。

停電時 停電時専用コンセントが使用可能になります。

停電時発電継続仕様について、知っておいていただきたいこと

停電時発電継続運転における注意点

停電時発電継続運転をするために、あらかじめご準備いただきたいこと。

リモコンにエラーが表示されていないことを確認しておいてください(エラーの表示が出ているときは、エラーの原因が解消された後、リモコンの「ON/OFF」スイッチを押してください。)。また、事前に、リモコンで「停電発電モード設定」が「停電発電(継続のみ)」もしくは「停電発電入(起動/継続)」になっていることを確認してください。
エネファーム設置後、できるだけ早く停電時専用コンセントの場所を確認しておいてください。
貯湯タンクがお湯でいっぱいになると発電を停止します。停電時に発電を継続するため、貯湯タンクのお湯がいっぱいに近づくと自動的に浴そうにお湯を排水する機能の設定を「ON」にすることを推奨します。排水機能が「ON」になっているか確認しておいてください(工場出荷時は「OFF」に設定されています。)。なお、排水機能を「ON」にしても、通常時のエネファームの稼働に影響はありません。
計画停電など、停電予定日時がわかっている場合には、停電予定時刻の2時間前からエネファームの発電モードを「手動」に切り替えて発電させてください(また、ガスメーターの保安機能を正常に作動させるためのエネファームの一時的な発電停止と計画停電が重複しないよう、停電予定日の2〜3日前に発電モードを「停止」にして24時間以上停止させた後、再稼働させてください。)。なお、詳しくは取扱説明書をご覧ください。

エネファームの停止中に停電になった場合は、蓄電池や発電機等の外部電源を使用することでのみ、
発電を開始することができます。外部電源を使用し発電を開始する場合は、以下の点に注意してください。

都市ガスや水の供給が停止しているときは、エネファームの発電を開始することができません。
すべての市販の蓄電池、発電機での起動を保証するものではありません。なお、外部電源は、電圧:AC101V±6V、出力:1kW以上、容量:0.5kWh以上(エネファーム以外に接続している機器の電力は含みません。)を満たしているものを使用してください。また、電池の性能・残容量によっては発電出来ないことがあります。
停電時にエネファームを起動させるために屋外コンセントに挿さっている電源プラグの挿し替えが必要になる場合があります。電源プラグの挿し替えは、外部電源の出力が停止している状態で安全に留意して行ってください。
外部電源とエネファームを接続するための電源コードを事前にご確認ください。エネファームの電源プラグを外部電源に差し替える場合には、接続不良などによる危険を伴う可能性があるため、ドラム式の延長コードなどは使用しないでください。また、事前に、リモコンで「停電発電モード設定」が「停電発電入(起動/継続)」になっていることを確認してください。
起動して発電開始するまでに約55分かかります(機器の状態により、長くなる場合があります。)。起動動作中はリモコンに「停電発電起動中です。」と点滅表示されます。④で電源プラグを挿し替えた場合には、リモコンに「停電時発電中です。」と点滅表示された後に、電源プラグを通常時に挿さっていた屋外コンセント等に戻してください。

停電時発電継続運転に切り替わった後、エネファームの電力をご利用いただくために以下の点に注意してください。

医療機器やバッテリーを搭載していないパソコンなど電源が切れると生命や財産、データなどに損害を受けるおそれがある機器は接続しないでください。 500W以下
貯湯タンクのお湯を自動的に浴そうに排水する機能を「ON」にした場合、浴そうに予期せずお湯が流れ込むので、安全のため、お風呂に入るときを除き、浴そうの排水栓を開けてください。
停電時の発電中は、停電時専用コンセントで電力を使用できます。なお、このコンセントでは、停電時以外には電力を使用できません。1つの停電時専用コンセントでテーブルタップを利用して複数の電気製品を接続することができます。ただし、安全のため、複数のテーブルタップを重ねていわゆる「タコ足配線」にすることはしないでください。
接続した電気製品が使用する電力の合計が500Wを超えないよう、使用電力をリモコンで確認しながらご利用ください。
エアコン、ドライヤー、ホットプレートや電子レンジなど使用する電力が500Wを超える電気製品は接続しないでください。また、カタログ値の消費電力が500W以下の電気製品であっても、冷蔵庫や掃除機、洗濯機などの瞬間的に大きな電力を使用する電気製品は接続しないでください。
過負荷(500W超)になると、リモコンの表示が0.00kWとなり電気を使用することができません。
過負荷の場合にはリモコンの使用電力の表示がエネファームの発電電力量以下となるように電気製品の使用量を調整してください。
過負荷状態が続くとエネファームは停電時の発電を停止します。
電力会社などからの電気が復旧した後は、元の運転状態に戻ります。

PAGE TOP