2018年度(平成30年度)

平成30年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰の受賞について

2018年12月3日

東邦ガス株式会社
JFEエンジニアリング株式会社

 東邦ガス株式会社(社長:冨成 義郎、本社:名古屋市熱田区)は、JFEエンジニアリング株式会社(社長:大下 元、本社:東京都千代田区)と共同で実施した「LNG受入基地における直接混合型BOG再液化設備の開発並びに導入」に関して、「平成30年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰(対策技術先進導入部門)」を受賞し、12月3日にイイノホール&カンファレンスセンター(東京都千代田区)で行われた表彰式において、原田環境大臣より表彰状を授与されました。

 この表彰は、環境省が1998年度から地球温暖化対策を推進するための一環として、毎年、地球温暖化防止に顕著な功績のあった個人又は団体に対し、その功績をたたえるために実施しているものです。

  このたびの受賞は、日本初の「直接混合型BOG再液化設備」の開発導入により、LNGタンクの内部から発生するBOG処理※1時の大幅なエネルギー削減(約2年弱の累計で事業所全体の電力使用量で14.2%削減,CO排出量換算で7,716t削減)を達成したことが高く評価されたものです。

  当社は今後もエネルギーの有効利用に関する様々な取り組みを展開し、お客さまから信頼され、選択され続ける企業を目指してまいります。

   ※1.LNGは約-160℃の液体であり、タンク内で貯蔵中に外部からの入熱により蒸発したBOG(Boil Off Gas)が発生します。 このため、タンクの運用圧力を維持するため処理する必要があります。

 <表彰式の様子>

                     表彰状授与


       左から、JFEエンジニアリング 吉田代表取締役副社長
       原田環境大臣、当社 藤原執行役員知多製造部長


                       集合写真

【参考】BOG処理方法の比較

BOG
処理方法
高圧BOG圧縮機 「間接熱交換型」
BOG再液化設備
「直接混合型」
BOG再液化設備
(従来方式) (新方式)
高圧BOG圧縮機で約6MPaに昇圧してBOGを送出 0.8MPaに昇圧したBOGを熱交換器を介したLNGの冷熱により再液化 0.8MPaに昇圧したBOGを混合器でLNGに直接注入して再液化
設備構成
(赤字:増設部)
設置スペース 100%【ベース】 約60%
イニシャルコスト 100%【ベース】 約80%
メンテナンスコスト 100%【ベース】 約90% 約75%

 

以 上

ページの先頭へ

PAGE TOP