2016年度(平成28年度)

知多LNG共同基地における土壌等に係る調査結果について

2017年2月23日

東邦ガス株式会社

 東邦ガス株式会社および中部電力株式会社が共同で運営している知多LNG共同基地において、中部電力株式会社が設備改良工事を進めるにあたり土壌等に係る調査を行った結果、一部で基準を超える汚染が判明したため、本日、同社が愛知県へ調査結果を報告しました。 内容は以下のとおりです。

1.調査結果
 知多LNG共同基地の一部の土壌において環境基準を超える砒素及びその化合物が検出されました。なお、地下水を調査した結果、砒素及びその化合物は環境基準値以下でした。
 調査結果の詳細は別紙のとおりです。

2.汚染発生の原因
 知多LNG共同基地は、公有水面を埋め立てられた土地を取得後、天然ガスを原料としたガスを製造しており、砒素及びその化合物を使用した履歴はありません。そのため、原因の特定には至っておりません。

3.今後の対応
 地下水のモニタリングによる傾向監視を実施していきます。

 

以上

知多LNG共同基地での土壌等調査結果[PDF : 164KB]

ページの先頭へ

PAGE TOP