2016年度(平成28年度)

米国キャメロンLNG輸送用の新造船舶の共同保有について~4隻目となるLNG船の一部保有~

2016年12月22日

東邦ガス株式会社

 東邦ガス株式会社(以下、当社)の100%子会社である東邦エルエヌジー船舶株式会社(以下、東邦エルエヌジー船舶)は、三菱商事株式会社(以下、三菱商事)、日本郵船株式会社(以下、日本郵船)、東北電力株式会社(以下、東北電力)との合弁会社Diamond LNG Shipping 3 Pte. Ltd.(以下、DLS-3)を通じて、米国キャメロンLNGプロジェクト向けのLNG船1隻(以下、本船)を共同保有いたします。

 2015年12月に、米国キャメロンLNG売主(Diamond Gas International Pte.Ltd.、以下、DGI※1)の親会社である三菱商事は、当該LNG輸送のため、株式会社MI LNGカンパニー※2と船舶建造契約を締結し、あわせて、DGIと定期傭船※3契約基本合意書を締結しました。その後、東邦エルエヌジー船舶、日本郵船、東北電力との本船の共同保有を前提に、本年5月に、三菱商事が船舶保有会社のDLS-3を設立しました。
 今般、本船の共同保有者となる4社が関係当局からの事業認可を取得し、東邦エルエヌジー船舶、日本郵船、東北電力がDLS-3へ出資参画したことを受け、船舶建造契約および定期傭船契約基本合意書が三菱商事からDLS-3へ譲渡されました。


 当社は、本年6月、DGIとの間で米国キャメロンLNGプロジェクトからLNGを購入する売買契約書を締結しており、本船は2019年(予定)の竣工後、当社および東北電力向けLNG輸送に従事する予定です。これにより、当社グループとして一部保有するLNG船は、「LNG FLORA号」「エルエヌジーヴェスタ号」「エネルギーアドバンス号」に続いて4隻目となります。

 当社は、お客さまへの安定的かつ低廉な都市ガス供給に向けて、LNGの安定した輸送の確保と原料調達コストの低減を図ってまいります。

<LNG船保有会社の概要>

社名 Diamond LNG Shipping 3 Pte. Ltd.
設立国 シンガポール
事業目的 LNG船の保有ならびにLNG輸送事業
共同保有比率 東邦エルエヌジー船舶:10%
三菱商事:40%
日本郵船:40%
東北電力:10%


<船舶建造契約の概要>

建造造船所 三菱重工船舶海洋株式会社※4
船型 165,000m3型LNG船「サヤリンゴSTaGE」※5
竣工 2019年(予定)


【LNG船イメージ】


                                              提供:三菱重工船舶海洋株式会社

<定期傭船契約基本合意書の概要>

船主 Diamond LNG Shipping 3 Pte. Ltd.
傭船者 Diamond Gas International Pte. Ltd.
傭船期間 2019年頃~(約19年間)

※1 シンガポールに本社を置く、三菱商事100%出資の子会社。

※2  2013年4月に設立された、三菱重工業株式会社51%、今治造船株式会社49%出資のLNG船設計・販売会社。

※3 船員を含め、船を一定期間チャーターすること。

※4  三菱重工業株式会社の長崎地区における商船建造事業を担う、同社100%出資の船舶建造事業会社。

※5  球形タンクを覆う連続タンクカバー、高効率再熱舶用蒸気タービン機関と2元燃料ディーゼル電気推進機関を組み合わせたハイブリッド2軸推進方式STaGE (Steam Turbine and Gas Engines) の採用により燃費効率を改善した三菱重工船舶海洋の新船型。

 

以上

ページの先頭へ

PAGE TOP