2016年度(平成28年度)

G7伊勢志摩サミットのカーボン・オフセットへの協力について

2016年5月19日

東邦ガス株式会社

 東邦ガス株式会社(社長:安井 香一)は、5月26、27日に三重県志摩市で開催されるG7伊勢志摩サミットにおいて、政府が企画しているカーボン・オフセットの取り組み※1に協力し、自社保有のJ-クレジット100トン分※2を提供します。

 J-クレジット制度とは、省エネルギー機器の導入や森林経営などの取り組みによる、COなどの温室効果ガスの排出削減量や吸収量を「クレジット」として国が認証する制度のことです。本制度により創出されたクレジットは、低炭素社会実行計画の目標達成やカーボン・オフセットなど、様々な用途に活用できます。

 当社は、今後もお客さま先や事業活動における環境負荷の低減に向けた取り組みなどを通じて、環境調和型社会の実現に貢献していきます。

<G7伊勢志摩サミットのカーボン・オフセットの概要>
1.排出活動
 ・参加者の移動(国際航空分もを含む)及び宿泊
 ・会場運営(サミット会場、プレスセンター)
2.参加者 
 ・代表団(G7、G7以外の参加国、国際機関関係者)
 ・支援事業者(サミットの開催をサポートする事業者・団体)
 ・プレス関係者(国外、国内)
3.募集規模(予定)
 ・20,000トン程度

※1:G7伊勢志摩サミットに際して、J-クレジットを運営する経済産業省、環境省、農林水産省は、外務省と連携して、J-クレジット等を活用した官民によるカーボン・オフセットを実施することとし、協力できる企業・自治体を募集しています。
 我が国の官民が協力してカーボン・オフセットを実現することにより、気候変動対策への姿勢を国際的に示すとともに、国内の地球温暖化対策に対する理解と協力への機運の醸成を図ります。
※2:提供されるクレジット量は、サミットにおけるCO排出量の確定後、各社の申し込み量を上限として最終確定されます。

以上


 

 

ページの先頭へ