2015年度(平成27年度)

ご家庭向け省エネ診断の環境省による認定について ~都市ガス業界初、当社の取り組みが環境省「家庭エコ診断制度」に認定~

2015年10月26日

東邦ガス株式会社

 東邦ガス株式会社(社長:安井香一)は、当社が開発したご家庭向け省エネ診断ソフト「e(い)ごこち診断」※1の「じっくり診断<マイホーム発電>」を活用した省エネ提案の取り組みについて、環境省の「家庭エコ診断制度」※2の認定を受けました。

 当社が認定を受けたのは、「eごこち診断」のうち、「じっくり診断<マイホーム発電>」を活用した取り組みです。これは、お客さまの家族人数、住まいの築年数や構造、設備の種類や使用状況にもとづき、家庭用燃料電池「エネファーム」や太陽光発電等の導入による住まい全体の水道光熱費の節約額やCO2削減量を試算するものです。2014年9月の導入以来、専用のタブレット端末を活用した診断によりお客さまのニーズを把握し、水道光熱費のシミュレーションに基づく改善提案や省エネ行動のアドバイスを通じて、「エネファーム」をはじめ高効率で快適・安全なガス機器の拡販やリフォームの提案につなげています。

  当社は、中期経営計画のアクションプランの一つに「お客さまとの関係深化」を掲げ、お客さま一人ひとりの最適なエネルギー利用の実現に向けて取り組んでいます。今回の認定を踏まえ、今後とも省エネで快適な暮らしの実現に向けた提案活動を展開していきます。

※1:当社が西部ガス株式会社および大日本印刷株式会社と共同で開発したご家庭向けの省エネ診断ソフト。本ソフトの販売に関するお問い合わせは、大日本印刷株式会社まで。
 http://www.dnp.co.jp/cio/solution/detail/10099338_5309.html

※2:環境省は、各家庭のライフスタイルに合わせた省エネ、省CO2対策を提案するサービスである「家庭エコ診断制度」を推進しています。「家庭エコ診断」には環境省が構築した診断手法を実施する「うちエコ診断」と、環境省が定めた診断手法や運用管理の要件を満たした民間事業者等の「独自の家庭向けエコ診断」があり、当社が認定を受けたのは「独自の家庭向けエコ診断」になります。

①省エネ診断の様子

 ②タブレット端末の画面イメージ

以上

ページの先頭へ