2015年度(平成27年度)

有効期限切れ警報器の確認作業の実施について

2015年7月14日

東邦ガス株式会社

 東邦ガス株式会社は、当社の販売・サービス店である「リベナス エネドゥ および エネドゥ」(以下、エネドゥ)に都市ガス警報器・住宅用火災警報器のリース契約の締結・取付け業務を委託しています。このたび、一部のエネドゥから当該業務の再委託を受けた会社が、設置後5年の有効期限満了に伴う取替えを行った際に、別のお客さまから回収した有効期限切れの都市ガス警報器を取付けていた事例が3件あることを確認しました。

 そのため、当社は、当該再委託先会社が警報器を取付けたお客さまを対象に、適切に警報器が取付けられていることの確認作業を実施することとしました。

 お客さまには、ご迷惑・ご心配をおかけしますことをお詫び申し上げるとともに、何卒ご理解とご協力をいただきますようお願い申し上げます。

 

1.経緯
 本年4月から6月にかけて、お客さまから都市ガス警報器のランプが点滅したままであるとのお申し出が3件ありました。当社が調査したところ、いずれもエネドゥが再委託をした同じ会社の従業員が、有効期限切れの都市ガス警報器を取替先のお客さま宅に取付けたことを確認しました(点滅は有効期限切れをお知らせするもの)。

2.お客さまへの確認作業について
 お客さまに、ダイレクトメールおよび電話にて、警報器本体のランプ点滅の有無など取付け状況を確認させていただきます。
 当該再委託先会社が、取替業務を開始した2011年5月以降に警報器を取付けたお客さまが対象となります(20,139件・29,448台)。
 ※内訳:都市ガス警報器18,379台、住宅用火災警報器11,069台

3.お客さまからのお問い合せ先
 (1)フリーダイヤル 0120-262-590
 (2)受付時間 9:00~19:00(土・日・祝日も対応)
※本日(7月14日)15:00から受付を開始いたします。

4.再発防止策
 委託先の管理・指導を改めて徹底するとともに、警報器の取付け状況を定期的に検査するなどチェック体制を強化してまいります。

 

以上

ページの先頭へ

PAGE TOP