2015年度(平成27年度)

米国キャメロンプロジェクトからのLNG購入に関するダイアモンド・ガス・インターナショナル社との基本合意書の締結について

2015年4月23日

東邦ガス株式会社

 東邦ガス株式会社(社長:安井香一)は、本日、米国キャメロンプロジェクトからのLNG購入に関して、三菱商事の100%子会社であるダイアモンド・ガス・インターナショナル社(以下「DGI社」)と基本合意書を締結いたしました。

 

 1.本契約締結の目的

 当社は、昨年3月に、2014年度~2018年度を計画期間とする「中期経営計画」を策定しました。そのなかで「低廉なエネルギーの安定供給」をアクションプランとして掲げ、エネルギーの調達環境の変化を的確に捉え、調達地域・契約形態・価格指標など原料調達の多様化に向けた取り組みを鋭意進めています。

 本プロジェクトにおいては、DGI社との基本合意に基づき、年間約20万トンのLNGを生産開始(2018年予定)から20年間にわたり購入します。また、米国天然ガス価格に連動する価格指標を適用します。これにより、調達地域と価格指標の多様化を図ります。

 なお、本プロジェクトにおけるLNG購入に関わる契約は、三井物産株式会社との売買契約書締結(2014年1月30日)に続き2件目となり、調達数量は合計で年間約50万トンになります。

 当社は、今後ともお客さまへの安定的かつ低廉な都市ガス供給に向けて、原料調達の多様化に引き続き取り組んでまいります。

 

2.基本合意書の概要

(1)契約当事者: 売主 ダイアモンド・ガス・インターナショナル社

           買主 東邦ガス株式会社

(2)契約期間: 生産開始から20年間 (生産開始は2018年を予定)

(3)契約数量: 3隻/年(約20万トン/年)

(4)価   格: 米国天然ガス価格に連動

(5)受渡条件: 本船着桟渡し(Ex-ship)※         

                     ※ 売主が輸送船を手配し、買主の受入基地まで輸送する受渡条件  

(6)仕向地変更: 売主の事前同意により実施可能

 

以上

参考資料[PDF : 44KB]

ページの先頭へ

PAGE TOP