2014年度(平成26年度)

知多LNGターミナルにおけるLNG累計受入量が2億トンに到達

2014年10月22日

中部電力株式会社
東邦ガス株式会社

 中部電力株式会社(代表取締役社長:水野明久、以下「中部電力」)と東邦ガス株式会社(代表取締役社長:安井香一、以下「東邦ガス」)が愛知県知多市で共同運用する知多LNGターミナルにおいて、10月21日、マレーシアからのLNG船「Puteri Nilam(プテリ・ニラム)」およびカタールからのLNG船「Al Wakrah(アル・ワックラ)」の受け入れをもって、LNGの累計受入量が2億トンに到達しました。

 昭和52年に、インドネシアからの第1船が入船して以来、約37年をかけて無事故・無災害で累計2億トンの受け入れを達成いたしました。これまでの地域の方々をはじめとした関係各位からのご協力に、心よりお礼申し上げます。

 知多LNGターミナルには、昭和52年に両社が建設した知多LNG共同基地、昭和58年に操業を開始した知多エル・エヌ・ジー㈱、平成13年に操業を開始した東邦ガス㈱知多緑浜工場の3基地があります。年間1,000万トン程度のLNGを受け入れる、日本有数のLNG基地であり、中部電力と東邦ガスが相互にLNGの受払を調整するなど一体となって効率的に運用しております。

 両社は、引き続き、安全操業を徹底し、電力・ガスの安定供給に万全を尽くしてまいります。

 

【知多LNGターミナルの概要】

○知多LNG共同基地(中部電力および東邦ガス共同所有)

敷地面積: 150,190m2
受入設備: 桟橋1基(L1)
貯蔵施設: 地上式タンク 4基(300,000m3
気化設備: 中部電力用 4基、東邦ガス用 10基

○知多エル・エヌ・ジー(株)(中部電力および東邦ガス共同出資)

敷地面積: 319,640m2
受入設備: 桟橋1基(L2)
貯蔵施設: 地上式タンク 6基(480,000m3)、地下式タンク 1基(160,000m3
気化設備: 中部電力用  11基

○知多緑浜工場(東邦ガス所有)

敷地面積: 302,461m2
貯蔵施設: 地下式タンク 2基(400,000m3
気化設備: 中部電力用 2基、東邦ガス用 5基

※上記3基地へのLNG受入業務は、知多桟橋管理株式会社にて実施。

 

<知多LNGターミナル>

 

 

以上

ページの先頭へ