2014年度(平成26年度)

ご家庭向け省エネ診断の導入について

2014年9月18日

東邦ガス株式会社

 東邦ガス株式会社(社長:安井 香一)は、西部ガス株式会社(社長:酒見 俊夫)および大日本印刷株式会社(社長:北島 義俊)と共同で、ご家庭の省エネ対策を提案する省エネ診断ソフト「e(い)ごこち診断」(以下「本ソフト」)を開発しました。当社は、本ソフトを活用し、省エネで快適な暮らしの実現に向けた提案活動を展開していきます。

 本ソフトは、お客さまの家族人数、使用機器の種類や利用状況等にもとづき、水道光熱費のシミュレーションや設備性能の診断を行い、省エネ・省CO2対策とその効果等をご提案するものです。当社は、専用のタブレット端末を活用した診断を通じてお客さまのニーズを把握し、水道光熱費のシミュレーションに基づく改善提案や省エネ行動のアドバイスを行うことにより、高効率で快適・安全なガス機器の拡販やリフォームの提案につなげていきます。

 当社は、中期経営計画(本年3月公表)のアクションプランの一つに「お客さまとの関係深化」を掲げ、お客さま一人ひとりの最適なエネルギー利用の実現に向けて取り組んでいます。今回の省エネ診断ソフトの開発・活用もその一環であり、今後も住まいのソリューション提案力を強化し、お客さまの快適な暮らしを実現していきます。

1.eごこち診断の概要

メニュー 内容
 (1) 省エネ鑑定 お客さまの水道光熱費を一般家庭の平均と比較する。
 (2) ササッと診断 浴室、キッチン等の空間別に、代表的な省エネ機器の省エネ効果を試算する。
 (3) じっくり診断 浴室、キッチン等の空間別に、省エネ機器の効果を試算するとともに、設備性能(快適性、清掃性等)の診断を行う。

2.タブレット端末

3.画面イメージ

(1)省エネ鑑定

 お客さまの家族人数、ガス代、電気代、水道代等を入力すると、東海地方における家族人数ごとの平均金額と比較した結果を表示します。
 平均よりも高い理由に心当たりがないか伺いながら、担当者が適切な対策を提案します。

(2)ササッと診断

 

 診断する空間を選択した上で、家族人数、ご利用機器の種類等を入力すると、代表的な省エネ機器に取り替えた場合の水道光熱費の節約額、CO2削減量を表示します。

(3)じっくり診断

 

 ご家庭を訪問して、診断する空間を選択した上で、家族人数、ご利用機器の種類等を確認し、その場で、代表的な省エネ機器の効果等を表示します。また、後日、お客さまのニーズに応じて省エネや設備性能向上に資する対策を選定し、その効果を示す診断書を作成、ご説明します。

4.その他

 本ソフトの販売に関するお問い合わせは、大日本印刷株式会社まで。
http://www.dnp.co.jp/cio/solution/detail/10099338_5309.html

以上

ページの先頭へ