2013年度(平成25年度)

家庭用燃料電池「エネファーム」の累計販売台数が5,000台を突破。2014年度の販売計画を今年度比 約10%増の2,300台に設定

2014年2月28日

東邦ガス株式会社

 東邦ガス株式会社(社長:安井 香一)では、2月27日、家庭用燃料電池「エネファーム」の累計販売台数が5,000台を突破しました。また、2014年度は、今年度比で約10%増となる2,300台を目標に販売活動に取り組みます。さらに本年4月から、当社として初めて200万円を下回る新製品を発売するなどラインアップの充実を図ってまいります。

 

 エネファームは、2009年5月の販売開始以降、お客さまに環境性能をご評価いただき、主にハウスメーカーさまを通して2009年度202台、2010年度515台、2011年度1,164台、2012年度1,325台と順調に販売実績を伸ばしてきました。今年度は、2月27日現在で1,854台を販売し、累計販売台数が5,000台を突破しました。

 さらなるエネファームの普及拡大に向け、2014年度は、販売計画を本年度計画に対し、約10%増となる2,300台に設定します。目標達成に向け、エネファームをご採用いただく住宅メーカーさまの拡大、リフォーム等での提案の強化に取り組んでまいります。

 また、2014年4月から、当社として初めて希望小売価格が200万円を下回る東芝燃料電池システム株式会社製の新製品を発売するなど、製品ラインアップの充実を図ってまいります。

 当社は今後も「エネファーム」の普及拡大に努め、お客さまの快適な暮らしづくりと環境調和型社会の実現に貢献してまいります。

 ※ お客さま宅への設置ベース。

 

 

<参考1>エネファームの累計販売台数

 累計販売台数の図

 

<参考2>エネファーム新製品の概要

 エネファーム新製品の概要の表


東芝燃料電池システム製2014年モデル外観写真と、パナソニック製2014年モデル外観写真

 

<参考3>エネファームの特長

 

 エネファームは、都市ガスから取り出した水素と空気中の酸素を化学反応させて発電し、電気は家庭内で利用するとともに、その際に発生する熱も給湯などに有効利用する家庭用ガスコージェネレーションシステムです。クリーンな天然ガスを利用して発電し、同時に発生する排熱でお湯も作るため、従来システムと比較し、CO排出量を年間約1.5t以上、年間の光熱費を約6万円削減できます。

※ 試算条件は、以下のとおり。

 ・戸建2階 LDK25.6m2、4人家族を想定。床暖房・浴室暖房乾燥機を使用のご家庭。
 ・従来システムは、ガス給湯暖房熱源機(潜熱回収型でないタイプ)を使用

 【適用料金】
  ○「エネファーム」使用住宅
   ガス:家庭用燃料電池契約(床暖乾燥割引)、電気:従量電灯B 40A
  ○従来システム(ガス給湯暖房熱源機(潜熱回収型でないタイプ))使用住宅
   ガス:家庭用床暖房契約(乾燥割引)、電気:従量電灯B 40A
   ガス料金、電気料金はそれぞれ、東邦ガス、中部電力の2014年2月現在の料金

 

以上

ページの先頭へ

PAGE TOP