2013年度(平成25年度)

知多半島と近郊の産業博物館・美術館7館をめぐるスタンプラリー 『親子で自由研究!! ミュージアムスタンプラリー2013』を開催

2013年6月28日

東邦ガス株式会社

 東邦ガス『ガスエネルギー館』は、知多半島およびその近郊の産業博物館・美術館(『盛田味の館』、『有松・鳴海絞会館』、『INAXライブミュージアム』、『高浜市やきものの里かわら美術館』、『博物館「酢の里」』、『杉本美術館』:計6館※1)と共同で、夏休みの自由研究に役立つヒントが集められるスタンプラリー「親子で自由研究!! ミュージアムスタンプラリー2013」(以下、本スタンプラリー)を7月14日(日)から9月1日(日)まで開催します。

 本スタンプラリーは、愛知の産業や伝統工芸、美術、エネルギーなどについて、見て、聞いて、触れて、食べて、親子で楽しみながら学び、私たちの生活と産業との関わりなどについて理解を深め、また関心を持っていただくことを目的に、2001年から毎年夏休み期間中に開催しており、本年で13回目となります。

 本年は、引き続き、昨年好評だった「夏休みの宿題解決」をテーマに開催し、参加者は、各館の展示等に関連する質問が書かれたスタンプカードを手に各施設をめぐり、その答えを探しながら見学します。親子で一緒に見学することで、子供が夏休みの自由研究のテーマ探しに悩む中、親がヒントを与える絶好の機会にもなります。

 

【ご参考:協力団体7館について】

 ものづくりの盛んな中部地区は、日本を代表する産業観光の地として注目を集めてきました。また、1996年に産業観光推進懇談会※2(以下AMIC:代表 須田寛氏)が発足し、17年間にわたる情報発信などの活動実績が全国でも評価され、他地域の産業観光の牽引役となっています。

 このAMICに加盟する、知多半島およびその近郊の主要6館が中心となり、2010年からは「杉本美術館」が参画して、毎年独自に夏休みイベントを企画、連携し活動しています。

 

※1 『盛田味の館』は盛田株式会社、『有松・鳴海絞会館』は有松絞商工協同組合、『INAXライブミュージアム』は株式会社LIXIL、『高浜市やきものの里かわら美術館』は愛知県高浜市、『博物館「酢の里」』は株式会社ミツカングループ本社、『杉本美術館』は名古屋鉄道株式会社がそれぞれ運営しています。

※2 産業観光推進懇談会AMIC:名古屋商工会議所文化・観光委員会を事務局として、名古屋とその近郊28施設を中核として産業観光を推進しています。

以上

 

 

<参考資料>

■親子で自由研究!! ミュージアムスタンプラリー2013

 知多半島及びその近郊の産業博物館・美術館7館が共同で、スタンプラリーを開催します。

 各館に備え付けてある「オリジナルスタンプカード」に、来館時にスタンプを押します。2館目からは、参加記念品として各館のオリジナルグッズ(クリアファイルなど)を、4館目では、先着200名様にスペシャルグッズ(各館のオリジナルグッズのセット)をプレゼントします。

【各館のオリジナルグッズのセット】

 

■開催期間

 2013年7月14日(日)~9月1日(日)

■参 加 館

・盛田 味の館(盛田株式会社)/見て、食べて、醸造のすべてをビデオで紹介。
・有松・鳴海絞会館(有松絞商工協同組合)/江戸の情緒ただよう町並みも必見。
・INAXライブミュージアム(株式会社LIXIL)/土とやきものの魅力を体験・体感。
・高浜市やきものの里かわら美術館(愛知県高浜市)/瓦の美と歴史に触れる様々な美術に出会う。
・博物館「酢の里」(株式会社ミツカングループ本社)/日本で唯一のお酢の総合博物館。
・杉本美術館(名古屋鉄道株式会社)/絵の楽しさ、見る楽しさ~杉本健吉の世界~
・ガスエネルギー館(東邦ガス株式会社)/エネルギーや省エネについて楽しく学ぼう。

ページの先頭へ

PAGE TOP